▼展覧会ほか

霧の抵抗 中谷芙二子
中谷芙二子は、人工霧を用いた大気と呼応して変化する作品で知られるアーティストです。自然の霧と同じ大きさの粒径で噴霧される霧は、大気に呼応してダイナミックに動き、見る者を魅了します。中谷は、1970年の大阪万博で、初めて霧作品を発表しましたが、それから半世紀にわたり、世界各地で80作品以上を発表してきました。本展では、霧の新作と共に、中谷のこれまでの活動の資料を展示し、そこに込められた思想を紹介します。
10月27日[土] ~1月20日[日]
開催中

早川祐太
普段意識されることのない物の性質から生まれる現象や形態に目を向け、彫刻やそれらを用いたインスタレーションを制作する早川祐太を紹介します。
10月27日[土] ~1月20日[日]
開催中

つくる、書く、変身する?! 参加者募集!
「アートセンターをひらく 第Ⅰ期」では、水戸芸術館現代美術ギャラリーを「創作と対話の場」として活用し、つくる、話す、想像する、からだを動かすなどさまざまなプログラムを行います。子どもからシニアまで、障害のある人もない人も、美術が好きな人もそうでない人も、ぜひご参加ください。
12月20日[木] ~1月31日[木]
予告

ぬいぬいワークショップ 子どもの成長を記憶する作品づくり
お子さんとの今を記憶するワークショップです。布に植物を縫いつけ、お子さんの身長と同じ長さの糸で運針をして作品をつくります。
1月12日[土]
募集中