現代美術ギャラリー/現代美術センター(水戸芸術館美術部門)

webstaff@arttowermito.or.jp



BIT GENERATION 2000 テレビゲーム展
公式サイト: http://www.tvgame-museum.com/
2000年10月28日(土)〜 2001年1月28日(日)  


水戸芸術館現代美術ギャラリーでの展示風景 2000年



テレビゲームは、デジタル技術を使った新しい表現です。アメリカで生まれたテレビゲームは、今や日本を発信地として世界に広がり、音楽やファッションの分野にも影響を与えるようになっています。またテレビゲーム業界には、日本の若い頭脳が集まり、コンピュータの進歩とあいまって、この数年間でゲームの視覚表現はめざましい進歩をとげています。

この展覧会では、テレビゲームは単なる子どもの遊びではなく、時代を映し出す新しい表現であるという視点から、数少ない日本発の文化であるこの分野を検証します。展示にはゲーム機本体はもとより、豊富な説明パネルが添えられ、「テレビゲームとは何か」という大きなテーマを、過去と未来、ハードとソフト、他分野への影響、といったさまざまな角度から探ります。


展覧会名BIT GENERATION 2000 テレビゲーム展
展覧会会期2000年10月28日(土)〜2001年1月28日(日)
展覧会会場水戸芸術館現代美術ギャラリー
開館時間午前9時30分〜午後6時30分(入場は午後6時まで)
休館日毎週月曜日(ただし1月8日〈月・祝〉は開館、1月9日〈火〉は休館)、 年末年始(12月28日から 1月 3日)
入場料一般\800、前売・団体(20名以上)\600、中学生以下、65歳以上、心身障害者の方は無料
一年間有効パス:H.T.P./対象:15歳以上20歳未満 1,000円、 おとなのパス/対象:20歳以上 2,000円
チケット発売:JR東日本みどりの窓口、びゅうプラザ、水戸芸術館チケットカウンター
*「おとなのパス」は水戸芸術館チケットカウンターでのみの発売となります。

主催財団法人水戸市芸術振興財団/ 読売新聞社
企画協力 神戸ファッション美術館テレビゲーム・ミュージアム
特別協力すぎやまこういち/桝山寛/平林久和
後援 社団法人コンピュータエンターテインメントソフトウェア協会
協賛 トヨタ自動車株式会社
協力 アイドス・インタラクティブ株式会社株式会社アスキー株式会社アトラス株式会社エニックス株式会社カプコン京都リサーチパーク株式会社株式会社クリーチャーズ/ 株式会社ゲームスタジオ/ 株式会社ゲームフリークコナミ株式会社株式会社小学館プロダクション株式会社スクウェア株式会社セガ・エンタープライゼス株式会社創夢ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント株式会社株式会社タイトー/ 有限会社ディー・スリー・ ディー/ 有限会社ドリームス/ 株式会社ナムコ任天堂株式会社有限会社ペットワークス有限会社フリフリカンパニー/ 有限会社フロッグネーション/ ポケモンセンター株式会社/ 有限会社ボンバーエクスプレス/ 株式会社マリーガルマネジメント株式会社メディアファクトリー株式会社ランドネットディディ 



会場構成


ZONE 1 アトムからビットへ
展覧会の導入部として、物理的・身体的な世界から電子の世界へと来館者の意識を導きます。
「ポン」/卓球台
「パックマン」/迷路

ZONE 2 テレビゲームの進化史(ハード編)
CPUの進歩を中心にして、それにともなうコンピュータの表現力の進化を見ます。
テレビゲーム進化史年表
マリオキャラを立体化したもの
インターフェイスの変遷

ZONE 3 ゲームソフトの変遷(コンテンツ編)
ゲームソフトの分類と進化
実物展示
平林氏によるビデオ解説/ソフトデザインにおけるゲームの「文法」

ZONE 4 ヒトとイマジネーションの歩み
ゲームをめぐる人々の系譜
グラフィック・パネルによる紹介/ゲーム開発プロジェクトにおける人々の役割

ZONE 5 テレビゲームと周辺文化
ゲームが他分野に与えた影響、社会現象を幅広く紹介します。
ポケモンキャラクターグッズ etc.
ピカチュウ・カー

ZONE 6 テレビゲームの現在、そして未来
「ドリームキャスト」「プレイステーション2」など、家庭用ゲーム機の最新ソフトを紹介。
「テレビゲーム・ミュージアム」の紹介


「隠し部屋」では グラインダーマンの「Computer Family」と、本展のテーマにヒントを得た映像特集 「ビットジェネレーターズ」を上映いたします。




関連企画


オープニング・トーク
「ポケモン」と「ポストペット」開発者が語るネクスト・ゲーム。
ゲームの未来はどうなる?どうする?二大クリエーターによる歴史的セッション!
日時:10月28日(土)14:00-15:30(13:30開場)  
場所:現代美術ギャラリー内ワークショップ
パネリスト:石原恒和、八谷和彦
司会:桝山寛
定員:80名(先着順)
参加費:無料(ただし当日有効の展覧会入場券が必要です)


トーク・イベント

1. メディア・アートなんて!
メディアアートは新しい表現を拓けるのか?
日時:12月17日(日)14:00-15:30(13:30開場)  
場所:現代美術ギャラリー内ワークショップ
パネリスト:中村敬治、室井尚
定員:80名(先着順)
参加費:無料(ただし当日有効の展覧会入場券が必要です)

2. テレビゲームの音楽
「ドラクエ」の音楽でおなじみのすぎやま氏と屈指のゲームアナリスト平林氏によるトーク・セッション
日時:2001年1月20日(土)14:00-15:30(13:30開場)
場所:現代美術ギャラリー内ワークショップ
パネリスト:すぎやまこういち、平林久和
定員:80名(先着順)
参加費:無料(ただし当日有効の展覧会入場券が必要です)




BIT GENERATION 2000 テレビゲーム展
カタログ 価格2,500円(税込み) 20%off! 詳しくはこちらをどうぞ!

通信販売をご希望の方は、カタログ代金2,500円に送料310円を加えた2,810円と、 「テレビゲーム展カタログ希望」のメモを、下記ショップ宛に現金書留でお送りください。
〒310-0063 水戸市五軒町1-6-8 水戸芸術館コントルポアン 宛

メールでのお問い合わせ: contrepoint@arttowermito.or.jp



It's NEW! おとなのパス   
© Hiroko Ichihara
20歳以上の方を対象としたパス、好評発売中です。パスのデザインは、ことばのアーティスト、イチハラヒロコ。 「現代美術も楽勝よ」のロゴが入っています。
ご購入の日から1年間、現代美術ギャラリーの企画展に何度でもご入場いただけます。
価格2,000円。水戸芸術館チケットカウンターにて取り扱っております。



ホーム 音楽 チケット
施設案内 演劇 友の会
交通案内 美術


Copyright ©2000 Mito Arts Foundation. All Rights Reserved. Created by TK.
Mail to: webstaff@arttowermito.or.jp