現代美術ギャラリー/現代美術センター(水戸芸術館美術部門)
TEL: 029-227-8111 / FAX: 029-227-8130
Mail to: webstaff@arttowermito.or.jp


この展覧会についてお客様からお寄せいただいたご感想


「こもれび」展
2003年 8月 9日(土)〜 10月 5日(日)

木もれ陽は、文字通り樹木と陽光が作り出す身近な風景でありながら、日々の生活でそれを意識することはあまりありません。 しかし、テレビモニターやネオンサインなど人工の光に囲まれた生活の中で、木々の間からのぞく天空を見上げたとき、ふとした安らぎを感じるものです。 そんな感覚を大切にした作家たちが静かに増えてきています。 樹木に身体を包み込まれる感じ、それ自体を描いた日高理恵子のような平面作家たちから、人工光とこうもり傘を使って様々な形の木もれ陽を作ろうと試みる木村崇人まで、表現形態は作家それぞれですが、彼らは確かに植物と光に関心を寄せています。 これは光と植物がもつ生命のイメージを見直す動きとみてもよいのではないでしょうか。

本展では「やさしい光」あるいは「光と植物」をテーマとしたこうした作品群を展示し、現代社会の喧騒のなかに、生命と光があふれた静かな空間を作り出します。



展覧会概要

展覧会名:こもれび展
会期:2003年8月9日(土)〜10月5日(日)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
開館時間:9時30分〜18時00分(入場は17時30分まで)
休館日:月曜日 *ただし、9月2日(火)臨時休館。
9月15日(月・祝)開館、翌9月16日(火)休館。
入場料:一般800円、前売・団体(20名以上)600円
中学生以下・65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
一年間有効パス:H.T.P.→対象15歳以上20歳未満1,000円、
おとなのパス→対象20歳以上2,500円
チケット発売:JR東日本みどりの窓口、びゅうプラザ、水戸芸術館チケットカウンター
*「おとなのパス」は水戸芸術館チケットカウンターのみの発売となります。
主催:財団法人水戸市芸術振興財団
協賛:
株式会社資生堂
アサヒビール株式会社
協力:有限会社ニッカー絵具製作所、岩崎電気株式会社、株式会社マンチェス、株式会社西賀、 株式会社創夢
企画:水戸芸術館現代美術センター
企画担当:浅井俊裕(水戸芸術館現代美術センター学芸員)

出品作家・出品予定作品


日高理恵子/Hidaka Rieko

絵画 -- 木の枝を見上げた構図で捉えた日本画
1958年東京都生まれ
1985年 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻修了

画像「樹を見上げてV」1991年(国立国際美術館蔵)

伊庭靖子/Iba Yasuko

絵画−植物をクローズアップした平面作品
1967年京都府生まれ
1990年 嵯峨美術短期大学版画科専攻科修了

画像「Untitled」1999年(個人蔵)

池田光宏/Ikeda Mitsuhiro

インスタレーション -- 影絵のようなビデオ作品
1969年神奈川県生まれ
1994年 日本大学芸術学部美術学科卒業
1997年 東京芸術大学大学院修士課程美術研究科修了

画像「by the Windows #2」

稲垣智子/Inagaki Tomoko

インスタレーション -- 古い家具と観葉植物を使った作品
1975年大阪府生まれ
1997年 University of East London 基礎コース 修了
1998-2001年 Middlesex University (ロンドン) 美術学部卒業

画像:会場イメージ

木村崇人/Kimura Takahito

インスタレーション -- ピンホールカメラの原理を利用した "木もれ陽プロジェクト" 体験型作品「木もれ陽ブース」
1971年愛知県生まれ
1996年 東京芸術大学美術学部絵画科油画卒業
1998年 Ecole Sperieure d'Art et de Design (フランス) 卒業
2003年 東京芸術大学大学院美術研究科博士課程修了

画像:"木もれ陽プロジェクト" の作品スケッチ

小林孝亘/Kobayashi Takanobu

絵画 -- 光に包まれた木々を描いた油絵
1960年東京都生まれ
1986年 愛知県立芸術大学美術学部油画科卒業

画像「Forest」2001年(個人蔵)

松村アサタ/Matsumura Asata

インスタレーション -- ビニルシートで原色の空間を作る
1971年山口県生まれ
1998年 東京芸術大学美術学部絵画科卒業
2000年 東京芸術大学大学院修士課程(油画)修了

画像「赤い間」1998年

ポル・マロ/Pol Malo

インスタレーション
1967年ドイツ生まれ
UCバークレー大学哲学科卒業。
メディアアートアカデミー修了(ドイツ)
1997年〜東京でレコード・レーベル(Cha-Bashira)を始める

画像「精神的・物理的共同作業の過程の集約としての、3つの帽子のようなもの」2002年


曽谷朝絵/Soya Asae

絵画 -- 光に充ちた油彩画
1974年神奈川県生まれ
2000年 東京芸術大学大学院美術研究科油画専攻修了
2001年 東京芸術大学大学院美術研究科油画専攻博士課程入学

画像「Washball」2000年(撮影:谷岡康則)

滝田順/Takita Jun

インスタレーション -- 竹の作品
1966年東京都生まれ
1988年 日本大学芸術学部卒業
1991-92年 パリ国立美術学校マスターコース(フランス政府給費生)

画像:会場イメージ



オープニング・レセプション
日時:2003年8月9日(土)15時30分〜17時00分
場所:水戸芸術館会議場




関連企画

夏のワークショップ2003 <光の箱>
こもれび展のテーマでもある「光」を楽しむための小箱をつくります。
箱をかざす場所によって、中にとりこまれた光が様々に変化し、鮮やかな色彩を映し出します。
完成後、ワークショップ室に展示します。
8月23日(土)
こ組 10:00-12:00 (集合 9:50)
も組 13:30-15:30 (集合13:20)
8月24日(日)
れ組 10:00-12:00 (集合 9:50)
び組 13:30-15:30 (集合13:20)
講師:松村泰三/Matsumura Taizo(1964年青森県生まれ)
場所:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
対象:小学生以上/定員:各回25名(先着順)/参加費:500円
締め切らせていただきました

ウィークエンド・ギャラリートーク
CACギャラリートーカーと対話しながら作品を鑑賞します。
日時:8月16日(土)〜10月5日(日)の土・日曜日
各日14時30分〜(約40分)
*都合により中止になる場合があります。あらかじめご了承ください。
9月14日(日)は、託児付ギャラリートークを実施します。
定員:先着15名/託児料金:500円/申込締切:8月28日(木)



クリテリオム

クリテリオム56 原倫太郎 Hara Rintaro
会期:2003年8月9日(土)〜10月5日(日)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー第9室
入場料:展覧会入場料に含まれます。
企画担当:窪田研二(水戸芸術館現代美術センター学芸員)
*ラテン語で「基準」を意味する「クリテリオム」シリーズは、国内外で活躍する若手作家を、現代美術センター学芸員が新作を中心に紹介する企画展。



おとなのパス   
© Hiroko Ichihara
20歳以上の方を対象としたパス、好評発売中です。パスのデザインは、ことばのアーティスト、イチハラヒロコ。 「現代美術も楽勝よ」のロゴが入っています。
ご購入の日から1年間、現代美術ギャラリーの企画展に何度でもご入場いただけます。
価格2,500円。水戸芸術館チケットカウンターにて取り扱っております。



ホーム 音楽 チケット
施設案内 演劇 友の会
交通案内 美術


Copyright ©2003 MITO ARTS FOUNDATION. All Rights Reserved. Created by TK.
Mail to: webstaff@arttowermito.or.jp