ATM LOGO
財団法人水戸市芸術振興財団 310-0063 茨城県 水戸市 五軒町1-6-8
Mito Arts Foundation 1-6-8 Goken-cho, Mito-shi, Ibaraki 310-0063 JAPAN
Tel. (+81)-(0)29-227-8111 / Fax. (+81)-(0)29-227-8110 / webstaff@arttowermito.or.jp




「現代美術も楽勝よ。」展
2009年8月29日(土)〜10月12日(月・祝)

休館日: 月曜日 ただし9月21日、10月12(月・祝)は開館
水戸芸術館現代美術ギャラリー

映画『学芸員Aの最後の仕事』
・第9室で1日5回上映、上映時間は1時間6分です。
・上映開始予定時刻 : 10:00〜/11:30〜/13:00〜/14:30〜/16:00〜


本展は、写真、絵画、インスタレーションなど、国際的に活躍するアーティストによるさまざまな作品を展示し、現代美術の楽しさを体験していただく展覧会です。 自然や風景、人間のかたちなど、テーマごとに作品を鑑賞したり、ミステリー仕立ての物語を追いながら作品を鑑賞したり、さまざまなツアーを通して鑑賞したりと、ひとつの展覧会を何回も楽しむことができる仕掛けになっています。会期中は、水戸芸術館が用意した「あーとバス」で水戸市内の小中学生を展覧会に招待し、ヴォランティアトーカーや大学生を中心としたガイドスタッフとともに、楽しく対話をしながら展覧会鑑賞を行います。

また、本展は市民が関わりながら作ってゆく展覧会でもあります。若手アーティストユニット Nadegata Instant Party (中崎透+山城大督+野田智子)が、水戸の市民を中心に募集したヴォランティアスタッフやキャストによる映画『学芸員Aの最後の仕事』を、展覧会会場や水戸の街、千波湖を舞台にして製作いたします。本映画は「現代美術も楽勝よ。」展の内容と連動しており、会期中は展覧会会場で上映されます。 展覧会や現代美術作品を媒介としながら、アートと人々との多彩な関わりのかたちが浮かび上がることでしょう。

本展は、水戸芸術館開館20周年・水戸市市制施行120周年・水戸藩開藩400年記念事業です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

展覧会名: 現代美術も楽勝よ。
欧文表記: Contemporary art is just easy as pie.
会期: 2009年8月29日(土)〜10月12日(月・祝)
開館時間: 9時30分〜18時 *入場は17時30分まで
会場: 水戸芸術館現代美術ギャラリー
休館日: 月曜日 ただし9月21日、10月12(月・祝)は開館
入場料: 一般800円、前売・団体(20名以上)600円
中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
*一年間有効フリーパス(取扱は、水戸芸術館エントランスホールチケットカウンター)
→ ハイティーンパス「H.T.P.」1,000円/対象15歳以上20歳未満
→ 「おとなのパス」2,500円/対象20歳以上

主催: 財団法人水戸市芸術振興財団 
共催: 水戸市水戸市教育委員会、芸術文化活性化事業実行委員会
協力: アサヒビール株式会社、株式会社中村仲製作所
企画: 水戸芸術館現代美術センター



主な展示作品
ロバート・メイプルソープ「無題(ポピー)」, 曽根 裕「19番目の彼女の足」, ジェームズ・タレル「ソフト・セル」, 川俣 正「アーケード・プランNo.3」, 畠山 直哉「スローグラス」, 小林 孝亘「Cloud」など。
(展示作品は水戸芸術館の所管作品です。)
曽根 裕
19番目の彼女の足
1993
撮影:安斎 重男
ジェームズ・タレル
ソフト・セル
1992
撮影:安斎 重男
川俣 正
アーケード・プラン No. 3
1994
撮影:根本 譲


ジュリアン・オピー
日本八景
国道300号線からみる
本栖湖の富士山
2007
小林 孝亘
Cloud
1999-2004
イリヤ・カバコフ
はぎ取られた風景(1931)
1998
撮影:斎藤剛




十人十色の鑑賞プログラム

あーとバス
水戸芸術館現代美術センターが「あーとバス」をチャーターして、水戸市内の小中学生を展覧会にご招待します。展覧会会場では、アーティスト林剛人丸や大学生を中心としたガイドスタッフによる特別観賞プログラムで、現代美術作品を楽しむことができます。
日時:2009年 9月16日〜10月9日の間の火・水・木・金曜日

ピロー deトーク
アーティスト、タノタイガによるギャラリートーク。「ピロートーク」というカップル間のプライベートで親密な対話方法を、美術館というパブリックな空間に導入します。移動式ベッドに乗って気さくに感想を語り合う対話方式の鑑賞で、現代美術の自由で楽しい見方を探ります。
日時:2009年 8月29日(土)、30日(日)、9月22日(火・祝)、23日(水・祝)、26日(土)、27日(日)、10月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)
各日11:00〜12:00/13:00〜14:00/15:30〜16:30
定員:各回2名まで(先着順・要電話申込)
参加費:無料 *別途展覧会入場券が必要です。

Mr. Kによる淑女のためのギャラリーガイド
謎の紳士、Mr. Kのガイドで展覧会を鑑賞した後、お茶と特製スイーツを楽しみながらアートについておしゃべりを楽しむ、女性限定のツアーです。アートに興味はあっても現代美術は難しそう、どうやって見たらいいかわからない、そんな方にぴったりなガイドです。
日時:2009年 9月9日(水)、10月1日(木)13:00〜15:00
定員:各回8名(先着順・要電話申込)
参加費:2,000円(展覧会入場料、飲み物、スイーツ代込)

ウィークエンド・ギャラリートーク
CACギャラリートーカーとともに展覧会を鑑賞します。
日時:2009年 9月12日(土) 〜10月11日(日) 毎週土・日曜日 各日14:30〜(約40分)
参加費:無料 *別途展覧会入場券が必要です。
参加ご希望の方はギャラリー入口にお集まりください。

赤ちゃんと一緒に美術館散歩
係員が付き添い、解説付きでお子さんと一緒の鑑賞をサポートします。
日時:2009年 9月18日(金)、10月2日(金) 各日9:30〜/11:00〜
定員:各回5組 (先着順・要電話申込)
対象:未就学児とその保護者
参加費:無料 *別途展覧会入場券が必要です。

プレ・スクールプログラム
水戸市内の幼稚園、保育園の年長クラスを対象にした作品鑑賞と制作ワークショップを組み合わせたプログラムを行います。詳しくはお問合せください。
受け入れ数:8団体(先着)
申込方法:幼稚園、保育園にお送りする申込用紙に必要事項をご記入の上、FAXでお送りください。
参加費:1団体2,000円(20名まで。以後1名ごとに100円追加)


鑑賞プラグラムのお問い合わせ・お申し込み:Tel. 029-227-8120




参加アーティストプロフィール

Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)
中崎透、山城大督、野田智子の3人によるアーティストユニット。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・システム)のようなヴァーチャルスペースや人との出会いを利用しながら他者を誘い合わせ、出来事やプロジェクトをつくりあげる。これまでのプロジェクトに、広島の住宅街に架空のデートコースを作成する「ブギウギインストールデート」(旧中工場アートプロジェクト、2007、広島)、公募で集まった出演者とインターネットでコミュニケーションをとりながら、ダンス作品を製作、発表した「Offline Instant Dance」(赤坂アートフラワー 08、2008、東京)などがある。
http://www.nadegatainstantparty.org/

林剛人丸(はやしごうじんまる)
飛ぶこと/飛んでいることをテーマとして作品発表やワークショップなどの活動を展開している。主な展覧会に、「越後妻有アートトリエンナーレ大地の芸術祭」(2003および2006・十日町市ほか)、「カフェ・イン・水戸2004」(2004、水戸芸術館現代美術ギャラリー)など。2005年には当館現代美術センターのアート・エデュケータープログラムでエデュケーターを務めた。(下記参考サイト)
http://www.arttowermito.or.jp/aep/index.htm

タノタイガ 
彫刻などの立体に映像を掛け合わせた作品などで、現代社会を風刺する表現活動を行っている。「wanakio2008‐まちの中のアート」展(2008、沖縄)では、風俗嬢との対話を通して自らが彼女らに扮して撮ったセルフポートレイト写真シリーズ「15min.ポートレート」を発表し、彫刻という領域を越えて直接社会に介入していく表現活動を始める。芸術活動の傍ら、高校の非常勤講師として現代美術について教えた経験をもつ。
http://www.taigart.com/

プリンタ出力用画面


水戸芸術館現代美術センター企画展


水戸芸術館
現代美術センター

310-0063 茨城県
水戸市五軒町1-6-8
交通のご案内
Tel. 029-227-8120
Fax. 029-227-8130


▼開催中の展覧会の情報は
こちら携帯サイトでもどうぞ!




企画展 2009-11


過去の企画展


 財団法人水戸市芸術振興財団 310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8
Tel. 029-227-8111 / Fax. 029-227-8110 / webstaff@arttowermito.or.jp
Copyright © 2007-11 MITO ARTS FOUNDATION All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 The XOOPS Cube Project