現代美術ギャラリー/現代美術センター(水戸芸術館美術部門)
TEL:(029)227-8120
webstaff@arttowermito.or.jp


なぜ、これがアートなの?

1998年12月19日から1999年3月22日まで開催いたしました同展への多数のご入場ありがとうございました。
おかげさまで大盛況のうちに会期を終えることができました。

会期中の1999年1月15日から3月22日までの間、ご入場くださったお客さまのご協力により、展示作品の人気投票を行いました。 その集計結果をPDFファイルで掲載いたしました。 どうぞご覧ください。
多数のご協力ありがとうございました。

なお、フィッシェリ&ヴァイス「事の次第」ホームビデオ(税別 3,689円)は、館ミュージアムショップ「コントルポアン」で扱っております。
contrepoint@arttowermito.or.jp までお気軽にお問い合わせください。


水戸芸術館では、川村記念美術館、 豊田市美術館と共同で企画した展覧会「なぜ、これがアートなの?」を1998年12月19日から1999年3月22日までの会期で開催いたしました。

本展は、美術館教育の現場で長年、多くの人々に「アート」を伝えてきたアメリア・アレナス氏(前ニューヨーク近代美術館教育担当)を協力者に迎え、 鑑賞者が美術の知識にとらわれずに、いかに作品と直接コミュニケーションできるかという点に重点を置いての企画です。
そのために本展では、アート作品を見る体験とはどのようなことか、をまさに体験していただくためにさまざまな仕掛けを用意しました。

会場は、美術史の流れや知識によってではなく、作品を前にして誰もが共有できる具体的なイメージ、 色や形や対象といった要素を優先させて、5つのセクションに分け展示いたしました。
今何を目にしているのか、その事実をどのように感じているのか、自らの気持ちの流れ、 思考の流れを辿る経験をしていただくことが目的の本展覧会は、鑑賞のプロセスを体験する展覧会形式のワークショップとも言えるものです。
そのため作品にはキャプションを付けていません。タイトルや作家名など、 これまで作品を鑑賞する際に、杖のようにしてきた鑑賞の拠り所がない状態で、作品と向かい合っていただくことを願いとしました。

そのワークショップの体験、作品鑑賞への参加をより深く充実したものにしていただくために、 対話式のギャラリー・トークの機会を数多く設けました。人の意見や感想を聞きながら、 自分の感じ方を確認していくプロセスは、わくわくする楽しい体験となり、見ることを楽しんでいる自分に出会う機会となりました。
また、こうした一般来館者を対象としたトークに加え、先生と生徒が学校で展覧会について事前に話し合い、展覧会場での対話をより豊かに行うための鑑賞教育プログラムも行いました。

会場には、1907年から1998年までの20世紀美術の多様な表現を網羅した40点の作品が並びました。 その表現の自由さと多様性を経験することを通じて、「なぜこれがアートなのか」という疑問に自ら答えを導くことが可能であることを知っていただき、 アートの楽しみ方を味わっていただいた展覧会です。

水戸芸術館現代美術センター展覧会概要
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
会期:1998年12月19日(土)〜1999年3月22日(月・祝)
開館時間:午前9時30分から午後6時30分(入場は午後6時まで)
休館:毎週月曜日(但し3月22日は開館)、年末年始(12月28日から1月4日)

主催:財団法人水戸市芸術振興財団
後援: 水戸市教育委員会
助成: 国際交流基金
協賛: トヨタ自動車株式会社
協力: 日本航空不二製油株式会社、名糖産業株式会社、 富士ゼロックスNEC東日本旅客鉄道株式会社株式会社竹尾株式会社創夢、株式会社イッツ
     
企画: アメリア・アレナス、豊田市美術館、川村記念美術館、水戸芸術館

入場料:
一般800円、前売り600円、中学生以下・65歳以上、心身障害者の方は無料、
H.T.P.(15歳以上20歳未満の方が対象。1年間有効パス)1,000円
チケット・H.T.P.の発売:JR東日本みどりの窓口、びゅうプラザ、水戸芸術館チケットカウンター


会場構成

1 アートを見る、アートをつくる

導入部となる第1セクションでは、20世紀美術初頭の印象派の作品からヴィデオによるインスタレーションまで、新たな表現を試みた作家の様々な作品が展示されます。
現代美術の鑑賞には、発想の転換と自分の感じ方を大切にする視点が求められていることを伝えます。

(画像)
クロード・モネ
「睡蓮」
1907年
川村記念美術館蔵

2 形のない形

ぐちゃぐちゃした、自分にも描けてしまえるように思えてしまう抽象絵画と写真や書道の作品を共に展示し、一見とりとめもない形に見える作品でも、 作家が周到な準備をした末に作り出したものであることを体験します。

(画像)
ヴァシリー・カンディンスキー
「『エドウィン・R.キャンベルのための壁画 No.4』の習作(カーニバル・冬)」
1914年
宮城県美術館蔵
(C)ADAGP, PARIS & SPDA, Tokyo, 1998

3 すっきりとしたイメージ

幾何学的なきっちりとした形態を持つ作品を展示します。 正面からみれば同じに見える幾何学的な平面作品と立体作品を見比べることで、平面と立体との表現の違いを体験します。

(画像)
カジミール・マレーヴィッチ
「シュプレマティズム(消失する面)」
1916−17年
川村記念美術館蔵




4 物は語る
日常では別の機能があった物を、素材として見直し組み立て直すことでさまざまな表現が可能になります。 日常の文脈から外し、新しい意味を与える表現行為の楽しさや不思議さを体験します。

(画像)
ヨーゼフ・ボイス
「ジョッキー帽」
1985年
豊田市美術館蔵
(C)BILD-KUNST, Bonn & SPDA, Tokyo, 1998




5 私の内側/私の外側
身体をテーマにした作品が集められています。人体彫刻からはじまるこのコーナーは、 対象の解釈の仕方、受け止め方で導かれる表現の多様性を体験します。

(画像)
ヘレン・チャドウィック
「カカオ」1994年
喜びの花輪」1992−95年
作家蔵
Photograph by Edward Woodman
(C)Helen Chadwick Estate


エピローグ
見ることができなくても、想像力が美の世界を生み出すことができることを、 ソフィー・カルの作品「盲目の人」は、示しています。作品を見ることが、本当はどのような体験に向かい、出会うためのものであるのかを体験をしていただきます。



関連企画

トークのビデオ(4本)をどうぞ!


1 スペシャル・ギャラリー・トーク
本展覧会の基本構成を行ったアメリア・アレナス氏が、「なぜ、これがアートなの?」の展覧会場で、 20世紀美術の楽しみ方を参加者との対話型のトークで伝えます。

日時:1998年12月20日(日)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
集合場所:水戸芸術館現代美術ギャラリー入り口

第1回 11:00〜12:30 (定員30名 通訳付き)
第2回 15:00〜16:30 (定員30名 通訳付き)
講師:アメリア・アレナス(前ニューヨーク近代美術館教育担当)
参加費:1,000円(展覧会入場料を含みます)
11月25日(水)より029-225-3555でご予約を承り、 いずれの回も満員御礼の大盛況、ありがとうございました。

講座のビデオをどうぞ!
2 「森村泰昌の現代美術講座」(市民講座第3回)
本展に作品を出品している森村泰昌氏が現代美術の魅力を分かり易く講義いたします。
日時:1999年 1月23日(土)14:00〜15:30 (開場:13:30)
講師:森村泰昌(美術家)
会場:水戸芸術館会議場
参加費:一般500円 友の会会員無料(お席の確保のためご予約を承りました。)
定員:80名
満員御礼、大盛況のうちに終えました。ありがとうございました

講座のビデオをどうぞ!
3 「チョコレートのおいしい話」バレンタインデー・スペシャル (高校生ウィーク月間・特別企画)
「なぜ、これがアートなの?」展にチョコレートを使った作品が展示されています。 そこで、チョコレートに関する美味しいお話を通じて、文化の違いや作品の別の見方に迫ります。
チョコレートのお土産付きです。
日時:1999年 2月13日(土) 14:00〜15:30 (開場:13:30)
講師:名糖産業株式会社 食品開発部長 吉野俊彦氏
会場:水戸芸術館会議場
参加費:無料
定員:80名
満員御礼、大盛況のうちに終えました。ありがとうございました

4 ウィークエンド・ギャラリー・トーク
12月23日から、会期中の祝日、土曜、日曜の14:30、15:30よりボランティアによる対話形式のギャラリー・トークをおこないます。
参加ご希望の方はギャラリー入口にお集まりください。参加無料。
こちらも大盛況でした。ありがとうございました


関連資料の発売

1 書籍『なぜ、これがアートなの?』
アメリア・アレナス著/福のり子訳/監修 川村記念美術館/発行 株式会社淡交社
価格:2,500円(本体)+税

2 ヴィデオ『なぜ、これがアートなの?』
出演 アメリア・アレナス/監修 川村記念美術館/豊田市美術館
企画・製作著作 株式会社ジャパンイメージコミュニケーションズ
発売元 株式会社淡交社/価格  3,800円(本体)+税 

○書籍、ヴィデオともに水戸芸術館ミュージアムショップ、コントルポアン並びに全国の書店で発売中です。


同時開催

1 クリテリオム37 横溝 美由紀(よこみぞ みゆき)
会期:1998年12月19日(土)〜1999年 1月31日(日)
会場:現代美術ギャラリー第9室
入場料:「なぜ、これがアートなの?」展入場料に含まれます。
アーティストトーク:1999年 1月31日(日)14:00〜15:00

2 クリテリオム38 高島陽子(たかしまようこ)
会期:1999年 2月6日(土)〜1999年 3月22日(月・祝)
会場:現代美術ギャラリー第9室
入場料:「なぜ、これがアートなの?」展入場料に含まれます。
アーティストトーク:1999年 2月 7日(日)14:00〜15:00

3 高校生ウィークの開催(高校生のための無料入場月間)
期間:1999年 2月 9日(火)〜 3月 7日(日)
対象:高校生
入場方法:水戸芸術館エントランスホールのチケットカウンターに学生証を提示し、 展覧会チケットを受け取ってください。期間中は、無料で現代美術ギャラリーに何度でも入場できます。


鑑賞のための特別入場料金

H.T.P.(ハイティーンパス)=15歳以上20歳未満の方が対象となります。 購入日より1年間、現代美術ギャラリーの企画展に何度も入場ができる便利でお得なハイティーンのためのパスです。 購入時には年齢が証明できるものをチケットカウンターにご提示ください。
料金1,000円

団体割引=20名様以上の団体はお一人様600円でご覧いただけます。

無料入場=中学生以下、65歳以上、心身障害者の方は無料でご覧いただけます。



ホーム 音楽 チケット
施設案内 演劇 友の会

美術


Copyright 1998-99 Mito Arts Foundation. All Rights Reserved. Created by Team TK.
Mail to: webstaff@arttowermito.or.jp