Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Thu, 5 Dec 2002 19:50:41 +0900
From:  tamamik@arttowermito.or.jp
Subject:  [atm-info,01520] Chorus Seminar 2003 / Mito Urara Female Chorus
To:  atm-info@arttowermito.or.jp
Message-Id:  <49256C86.003B4334.00@david.arttowermito.or.jp>
X-Mail-Count: 01520

▼水戸芸術館ATM速報2002年12月5日発----------------------

毎年、日本の合唱界をリードする指導者を迎え、合唱の楽しさ、
奥深さを追求する「合唱セミナー」。
今回は、現在国内外の合唱コンクールで常に高い評価を受け続けて
いる指揮者であり、作曲家である松下耕氏を講師に招き、
自作の「合唱のためのたのしいエチュード1」から7曲を練習します。
一見、易しくて可愛らしく思える練習曲のひとつひとつに、
松下氏は、合唱を愛好する人が是非とも知りたくなるテーマを
たくさんちりばめています。
「純正調って何だろう?」
「ヨー□ツバ古来の旋法って?」
「曲の構造を捉えるにはどうすればいい?」
そんなテーマについて、松下氏の指導のもと楽しく歌いながら、
半日かけてじっくり学んでみませんか?
皆様の合唱の世界がきっと大きく広がるに違いありません。
----------------
合唱セミナ一2003
----------------
2003年3月2日(日)
10:00開始(16:00終了予定)
水戸芸術館コンサートホールATM
課題曲:松下耕「合唱のためのたのしいエチュード」より
『にわとり』『すいぞくかん』『き』『ゆきがとける』
『よるのさかな』『つき』『光が』
*ご参加にあたっては、『合唱のためのたのしいエチュード1』
(音楽之友社刊・消費税別700円)をご用意の上、事前に講読みを
行って下さい(2部と3部の1曲があります。それぞれご自分の音域に
あったパートをお選び下さい)。
楽譜は、水戸芸術館内ミュージアムショップ「コントルポアン」
でも扱っております。
主催:財団法人水戸市芸術振興財団、茨城県合唱連盟、
      茨城県高等学校教育研究会音楽部

参加費(全席自由):一般1,000円、高校生500円、中学生以下300円
(高校生券・中学生以下券は水戸芸術館のみの取り扱い)
--------------------------
チケット発売:12月7日(土)
--------------------------
・館エントランスホールチケットカウンター(9:30〜18:00、月曜休)
・館チケット予約センター Tel. 029-231-8000(9:30〜18:00、月曜休)
・ATM速報受信のお客様のご予約はメールでも承ります。(13:00〜)
mailto:ticket@arttowermito.or.jp
・MUSIC SHOP かわまた Tel. 029-226-0351
・ヤマハミュージック関東 Tel. 029-224-2861

メールでのご予約は上記アドレス宛、発売日13時以降の、
館サーバ受信タイムスタンプとなるようお送りください。
ご予約のための様式(音楽・演劇共通)をお持ちでない方は、
お手数ですが、上記アドレスまで、事前にご請求ください。

ATM速報受信のお客様に限り、下記・館ウェブサイトからもお申し込み
いただけます。(発売日午前10時以降、無休)
https://www.arttowermito.or.jp/t/authenticate.cgi

--------------------
松下 耕(まつした・こう)
国立音楽大学作曲学科卒業。ハンガリー・コダーイ研究所合唱指揮
マスターコース修了。
現在、指揮と作曲の両面から多角的な合唱研究を行っている。
主な作品に「合唱のためのたのしいエチュード」「聖母への祈り」
NHK学校音楽コンクール課題曲「タンポポ」「はじめに・・・・・・」
などがある。現在9団体の合唱団の指揮者音楽監督を務めている。
海外での活動も多く、指導する合唱団は数々の国際コンクールに
おいて入賞・優勝しており、自身も、指導者としてベラ・バルトーク
国際合唱コンクールで優秀指揮者賞受賞、作曲家としてリヴァ・デル
・ガルダ国際合唱コンクールで作品部門第1位を獲得している。
その他にも、フィンランド・ユバスキュラ大学で講義を担当、
ベオグラード、シンガポールで国際シンポジウムの講師として発表を
行っている。
国立音楽大学、全日本合唱連盟附属合唱センター講師。
全日本合唱連盟理事。日本合唱指揮者協会、国際コダーイ協会、
日本音楽著作権協会各会員。
ユーゴスラビアの芸術文化雑誌『ブラニチェヴォ』名誉編集委員。

--------------------------------------------------------------
声と心の共鳴 -- 美しいハーモニーに出会ったとき、そこに私たちは
誰もが幸せであるべきイメージを重ね合わせ、ハーモニーの一部を
なしながら幸せの伝達者となることの喜びを再確認します。
合唱の魅力を伝え続けて25年の水戸うらら女声合唱団、歌い続けて
50年の中澤敏子先生とのコラボレーションから広がる世界をどうぞ。
-------------------------------------
水戸うらら女声合唱団 25周年記念演奏会
-------------------------------------
2003年3月9日(日)14:00開演
水戸芸術館コンサートホールATM
企画:水戸うらら女声合唱団
後援:JCDA日本合唱指導者協会、茨城県合唱連盟、水戸市合唱連盟、
朝日新聞社水戸支局、茨城新聞社、茨城県、水戸市教育委員会、
NHK水戸放送局、IBS茨城放送

指揮:中澤敏子/コントラバス:溝入敬三/三絃:野澤徹也
ピアノ:田中直子/朗読:中澤敦子

形見(新実徳英・曲/川口義晴・詩)
秘密の花より「髪」「道化服を着た死」(西村朗・曲/村山槐多・詩)
青色廃園より「君に」(西村朗・曲/村山槐多・詩)
をとこ・をんな(新実徳英・曲/吉原幸子・詩)
TOKYO物語(猪間道明・編曲)
遥かな歩みより「機織る星」「花野」(高田三郎・曲/村上博子・詩)
水のいのちより「雨」「海よ」(高田三郎・曲/高野喜久雄・詩)

入場料 2,000円(全席自由)
--------------------------
チケット発売:12月7日(土)
--------------------------
・館エントランスホールチケットカウンター(9:30〜18:00、月曜休)
・館チケット予約センター Tel. 029-231-8000(9:30〜18:00、月曜休)
・ATM速報受信のお客様のご予約はメールでも承ります。(13:00〜)
mailto:ticket@arttowermito.or.jp
・MUSIC SHOP かわまた Tel. 029-226-0351
・ヤマハミュージック関東 Tel. 029-224-2861

メールでのご予約は上記アドレス宛、発売日13時以降の、
館サーバ受信タイムスタンプとなるようお送りください。
ご予約のための様式(音楽・演劇共通)をお持ちでない方は、
お手数ですが、上記アドレスまで、事前にご請求ください。

ATM速報受信のお客様に限り、下記・館ウェブサイトからもお申し込み
いただけます。(発売日午前10時以降、無休)
https://www.arttowermito.or.jp/t/authenticate.cgi

--------------------
水戸うらら女声合唱団
1978年より、中澤敏子常任指揮者のもと、日本の合唱作品を中心に
美しい日本語のひびきを求めて活動している。
水戸芸術館企画・主催の「合唱で聴く日本の歌」「クリスマス・
コンサート」等に出演。
科学万博つくば85では、池辺晋一郎<万葉ひたちの歌>の初演に参加。
また、全日本合唱コンクール全国大会、全日本お母さんコーラス全国
大会等にも出場。数々の賞を受賞した。また、茨城県芸術祭における
「日本の歌声楽演奏会」ほか、茨城県合唱祭、水戸市合唱祭等、
各種の演奏会にも出演している。2002年はNHK「BS日本の歌」及び
「野口雨情の世界」でテレビに出演。同年10月、鳥取県で行われた
国民文化祭「合唱の祭典」に茨城県代表として出演した。
--------------
中澤敏子(指揮)
東京芸術大学委託声楽科卒業。1954年から90年まで36年間にわたり
県立土浦二高、水戸二高の音楽教諭を務める。在職中、全日本合唱
コンクール全国大会に過去19回出場。77年、78年には2年連続金賞を
受賞した。声楽集団「野ばら会」を主宰し、日本の歌曲を正しく
後世に伝えるべく「やまとことば」の発音、演奏法研究を30年に
わたり行っている。
79年度に1年間、茨城放送で「中澤敏子四季を歌う」を構成、出演し
好評を博した。この放送をもとに98年、CDを制作した。茨城県民
文化センター友の会声楽教室新春コンサートでの26年連続企画を
はじめ、数多くの演奏活動を行う。
98年12月水戸芸術館において行われた市民オペラ「ヘンゼルと
グレーテル」では合唱指導を担当した。また、水戸芸術館主催
「茨城の名手・名歌手たち」オーディションの審査員も務める。
2000年第11回奏楽堂「日本歌曲コンクール」において奥田良三賞を
受賞。01年榛名梅の里音楽祭「日本の歌」スプリングセミナー2001
で榛名町長賞を受賞。
現在、カラコレス女声合唱団、水戸うらら女声合唱団、
利根町たんぽぽ女声合唱団はじめ、多数の合唱団、童謡を歌う会の
常任指揮者として活躍中。
----------------------
溝入敬三(コントラバス)
1978年、東京芸術大学卒業。90年、ドイツ・タルムシュタット・
クラニッヒシュタイナー音楽賞、作曲で日本現代音楽協会より作曲
新人賞受賞。94年、フランス・アヴィニョン国際コントラバス・
フェスティバルのゲストソロイスト。95〜96年、文化庁芸術家在外
研修員としてカリフォルニア大学サンディエゴ校で学ぶ。2000年、
日本現代音楽協会と朝日新聞社共催「競楽」で優勝し「第10回朝日
現代音楽賞」受賞。CD「コントラバス颱風」発売。02年、アメリカ
ダートマス大学より講師として招聘される。
水戸芸術館には97年「現代音楽を楽しもう XIII 西潟昭子 三絃」、
同年「日本の実験音楽1960s演奏会」などに出演している。
--------------
野澤徹也(三絃)
三絃を西潟昭子に師事。現代邦楽研究所研究科修了。
1999、2000年の全国邦楽コンクールにて2年連続優秀賞受賞。
00年、ビクター伝統文化振興財団邦楽技能者育英賞受賞。
O1年、いばらき伝統文化振興財団奨励賞受賞。同年、日本音楽集団
海外公演にて韓国でFIFAワールドカップ記念<日・韓記念民族楽団>
ソウル公演参加。
現在、現代邦楽研究所講師。現代三味線音楽協会会員。
テクノバンド「KANADE」メンバー。「現代の三絃」をテーマに、
各地でソロライブやCD・ラジオ等の録音などの活動を行う。
----------------
田中直子(ピアノ)
武蔵野音楽大学器楽科卒業。ピアノを渡辺久子、市橋徹雄、
故田中瑤子に師事。伴奏法を甲斐正雄、塚田佳男に学ぶ。
現在、坂上昌子のもとで伴奏を務めながら、森明彦の伴奏法の教えも
受けている。「瑤の会」会員。水戸芸術館では、「日本の叙情」、
「クリスマス・コンサート」などに出演。
また、2001年より開講した「畑中良輔の<日本のうた>セミナー」
では、青山恵子、大島洋子などゲスト歌手のピアノ伴奏を務めている。
--------------
中澤敦子(朗読)
茨城大学附属愛宕小・中学校卒業。茨城県立水戸第二高等学校卒業。
日本大学芸術学部演劇科卒業。
劇団文化座、鬼宴同人を経て現在フリー。これまでに、「土」、
「越後ごぜ日記」、「夢千代日記」、「白衣のボケ、ソト」など
多数の舞台に出演。その他、「金色夜叉」、「男はつらいよ・
寅次郎忘れな草」、「おはなはん」、「おしん」、「ふぞろいの
林檎たち」など多数のテレビ・ドラマ、映画に出演している。

http://www.arttowermito.or.jp/atm-j.html 次回配信をお楽しみに!---