Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Sun, 19 Oct 1997 22:08:03 +0900 (JST)
From:  fn9t-kjm@asahi-net.or.jp (KOJIMA, Tamami)
Subject:  [atm-info,00256] info1019
Sender:  jun@re.soum.co.jp
To:  info: ;;;@asahi-net.or.jp;
Message-Id:  <199710191308.WAA269518@skyhawk.asahi-net.or.jp>
X-Mail-Count: 00256

▼ATM速報1997年10月19日発−−−−−−−−−−−−−−−

優れた芸術評論に与えられる、第7回吉田秀和賞の受賞作品が決まりまし
たのでお知らせします。

伊  東  信  宏
『  バ  ル  ト  ー  ク  〜民謡を「発見」した辺境の作曲家〜  』
(中公新書  1997年7月刊)

  バルトークの民俗音楽研究の実態を解明した意欲作である。バルトーク
が各地をめぐってどういう音楽を聞き、どういう採譜を行い、それについ
て何を考えたかを具体的なデータを積み重ねながら紹介しているが、その
手続きには好感がもてる。
  その研究が、彼の出身地である中欧の小国ハンガリーに根差し、そのな
かで戦いぬいた歴史的社会的環境から生まれたものであり、19世紀まで
のヨーロッパ音楽の「伝統」と対決せざるをえなかったのだ、というのが
著者の基本的な考えのようだが、「ハンガリー音楽=ジプシー音楽」とい
う通念を、リスト、ラヴェルの音楽手法との比較で検討した箇所や、ある
いは晩年のバルトークの創作が民俗音楽の影響の深化した形であるという
指摘などが、特に目をひく。意外な角度から20世紀音楽史の一面を照ら
し出してもいる。小冊子ながら、内容の富裕な好著といえよう。

伊東信宏(いとう・のぶひろ)
1960年9月6日、京都府生まれ。大阪大学文学部卒業。大阪大学大学
院博士課程単位取得退学。ハンガリー科学アカデミー音楽学研究所、リス
ト音楽院に留学。現在、大阪教育大学助教授。
1990年に論文「ワールドミュージックの可能性」でアリオン賞音楽評
論部門奨励賞受賞。著書(分担執筆)に、『小さな音風景』(時事通信社)、
『環境と音楽』(東京書籍)、訳書に、『ハンガリー民謡』(バルトーク著
 間宮芳生と共訳  全音楽譜)、『バルトークの室内楽曲』(カールパーティ
著  江原望と共訳  法政大学出版局より1997年12月刊行予定)がある。

−−−次回配信をお楽しみに! −−−−−−−−−−−−−−−−−−−