-> 2016
 -> 2015
 -> 2014
 -> 2013
 -> 2012
 -> 2011
 -> 2010
 -> 2009
 -> 2008
 -> 2007
 -> 2006
 -> 2005
 -> 2004
 -> 2003
 -> 2002
 -> 2001
 -> 2000
 -> 1999
 -> 1998
 -> 1997
 -> 1996
 -> 1995
 -> 1994
 -> 1993
 -> 1992
 -> 1991
 -> 1990
(表示は年度毎)

終了
第41回水戸市芸術祭

美術展覧会

2008年6月1日[日]~ 2008年6月29日[日]

詳細


終了
第41回水戸市芸術祭

いけばな展

2008年5月23日[金]~ 2008年5月25日[日]

詳細


終了

宮島達男《HOTO》2008, photo:阿野太一

宮島達男 | Art in You

2008年2月16日[土]~ 2008年5月11日[日]

■企画展

首都圏ではおよそ 8年ぶりになる宮島達男の大型個展。「Art in You」という考え方を紹介すると共に、アートの持つ可能性を提示するものです。来場者が作品を通じて「生、他者、自己」をリアルに感じ、歴史や環境など、様々な局面における平和についての想像力を喚起する空間が生まれます。

詳細


終了

松井龍哉展 フラワー・ロボティクス

2007年11月3日[土]~ 2008年1月27日[日]

■企画展

人間型ロボット「Posy」や「Palette」等を開発したロボットデザイナー松井龍哉の創作活動を紹介します。本展では、次世代の日本を担うと言われているロボット産業を、科学技術の側面だけではなく、デザイン、環境、マーケティング等の視点で具現化する松井の活動母体であり、理念の象徴である「フラワー・ロボティクス社」を会場に創出させます。

詳細


終了

水戸芸術館現代美術ギャラリーでの展示風景
撮影:阿野太一

ひびのこづえの品品 たしひきのあんばい

2007年8月18日[土]~ 2007年10月14日[日]

■企画展

衣服、家具、日用品を通して日常をしなやかに生きるという価値観を提示する表現者ひびのこづえの新たな活動領域を紹介する個展。本展では、本来の機能を保ちつつもそこに何かを足したり引いたりする手法によって生み出された、服や家具、ハンカチやタオル、風呂に絨毯といった日常の品々をご紹介します。

詳細


終了
40周年記念水戸市芸術祭

美術展覧会

2007年7月8日[日]~ 2007年8月5日[日]

詳細


終了
40周年記念水戸市芸術祭

いけばな展

2007年6月29日[金]~ 2007年7月1日[日]

詳細


終了
40周年記念水戸市芸術祭

水戸の風2007

2007年5月19日[土]~ 2007年6月17日[日]

■企画展

水戸市近郊に在住する作家による展覧会。洋画、彫刻、工芸、書の各分野で現在活躍中の作家に加え、水戸市芸術祭40周年を記念して、芸術祭美術展に貢献した作家の作品も展示します。

詳細


終了

森千裕
水戸芸術館現代美術ギャラリーでの展示風景
Courtesy: Kodama Gallery

夏への扉―マイクロポップの時代

2007年2月3日[土]~ 2007年5月6日[日]

■企画展

美術評論家・松井みどりは、1995年から2006年に至る約10年間のアートシーンの中に「マイクロポップ」的表現の出現と実践の現場を読み取ってきました。本展はそのコンセプトのもとに15人の日本人作家を集め、個の独自な創造として発生しながらも、一つの共通性を持つようになった芸術的創造力の姿を提示し、その芸術表現と同世代の人々の生き方や感性との共通点、後世代への影響力について考える試みです。

詳細


終了

佐藤卓展「日常のデザイン」

2006年10月21日[土]~ 2007年1月14日[日]

■企画展

佐藤卓は「クールミントガム」「P701iD」「おいしい牛乳」など、身近な商品のデザインをはじめ、NHK教育テレビ「にほんごであそぼ」のアートディレクションを務めるなど、幅広く活躍中のデザイナーです。本展は、佐藤卓の活動を紹介するとともに、この展覧会をきっかけに生まれたいくつかの作品、プロジェクトを初公開します。

詳細