-> 2017
 -> 2016
 -> 2015
 -> 2014
 -> 2013
 -> 2012
 -> 2011
 -> 2010
 -> 2009
 -> 2008
 -> 2007
 -> 2006
 -> 2005
 -> 2004
 -> 2003
 -> 2002
 -> 2001
 -> 2000
 -> 1999
 -> 1998
 -> 1997
 -> 1996
 -> 1995
 -> 1994
 -> 1993
 -> 1992
 -> 1991
 -> 1990
(表示は年度毎)

中止

Jeppe Hein イェッペ・ハイン

「参加してください」

2011年10月16日[日]

■企画展

東日本大震災に伴い本展は中止とさせていただきます。
This exhibition is cancelled due to the earthquake.

詳細


終了
カフェ・イン・水戸

CAFE in Mito 2011
― かかわりの色いろ

2011年7月30日[土]~ 2011年10月16日[日]

■企画展

3月11日に発生した東日本大震災により、水戸芸術館現代美術ギャラリーも建物が損壊し休館を余儀なくされていましたが、「CAFE in Mito 2011―かかわりの色いろ」展から活動を再開いたします。

詳細


終了

タチアナ・トゥルーヴェ 《Untitled》2007 
《Untitled-from the series "Intranquillity"》2006-09年
水戸芸術館現代美術ギャラリーでの展示風景
撮影:細川葉子

クワイエット・アテンションズ
彼女からの出発

Quiet Attentions: Departure from Women

2011年2月12日[土]~ 2011年5月8日[日]

■企画展

東日本大震災のため3月11日をもって終了致しました。
Due to the earthquake, this exhibition is closed on March 11.

詳細


終了

大友良英「アンサンブルズ2010―共振」2010年
水戸芸術館現代美術ギャラリーでの展示風景
撮影:下道基行

大友良英「アンサンブルズ2010―共振」

2010年11月30日[火]~ 2011年1月16日[日]

■企画展

ジャンル、キャリアの違いを超えた横断的協働アートプロジェクト『大友良英アンサンブルズ』。音楽にまつわる地域住民参加型プロジェクトを開催します。

詳細


終了

石元泰博《子供》1948-52
高知県立美術館所蔵

石元泰博写真展

2010年10月9日[土]~ 2010年11月7日[日]

■企画展

力強い凝視力で被写体に迫り、研ぎ澄まされた造形感覚で画面を構成する石元泰博の個展です。

詳細


終了

新次元 マンガ表現の現在

2010年8月14日[土]~ 2010年9月26日[日]

■企画展

2000年以降に話題になった9作品に焦点を当て、戦後日本のストーリーマンガの達成をふまえながら成熟しているマンガ表現の現在を紹介します。従来のマンガの展覧会は原画展示が中心でしたが、本展ではマンガ家や編集者の意見を取り入れながら、それぞれの作品世界を空間の中で立体的に展開することを試みています。

詳細


終了
水戸市芸術祭特別展

水戸の風 2010 能島征二の軌跡展

2010年5月30日[日]~ 2010年6月27日[日]

詳細


終了
第43回水戸市芸術祭

いけばな展

2010年5月21日[金]~ 2010年5月23日[日]

詳細


終了

CHIM↑POM《ばくはつ》2007
「サンキューセレブプロジェクト アイムボカン」より 映像からの静止画 Courtesy 無人島プロダクション

リフレクション
映像が見せる“もうひとつの世界”

2010年2月6日[土]~ 2010年5月9日[日]

■企画展

本展は、映像を今の社会や個人をめぐる多様な「もうひとつの世界」を反映(リフレクション)するメディアとしてとらえ、2000年以降の映像美術の中から、映像を「見えないもの/隠されたものを可視化するメディア」として用い、社会や個人の小さな物語を照らし出す国内外7名と2組の作品を紹介します。

詳細


終了

水戸芸術館現代美術ギャラリーでの
展示風景 撮影:松蔭浩之

Beuys in Japan:ボイスがいた8日間

2009年10月31日[土]~ 2010年1月24日[日]

■企画展

20世紀ドイツ美術の第一人者、ヨーゼフ・ボイス(1921~1986)の作品や活動を、日本との関係を通して読み解く展覧会。
会場では、25年振りに発見されたボイス来日時のドキュメンタリー未公開映像のほか、250点以上の個人コレクター所蔵のマルティプル作品、ボイスの足跡を示す展覧会やアクションのポスター、ボイス来日時に交流があった人物のヴィデオインタビューなど、貴重な作品、資料が公開されます。またパフォーマンス、トークなどの関連企画で、日本でどのようにボイスのメッセージが引き継がれているかを多角的に検証します。

詳細