終了

Beuys in Japan:ボイスがいた8日間

2009年10月31日[土]~ 2010年1月24日[日]

■企画展
水戸芸術館現代美術ギャラリーでの展示風景 撮影:松蔭浩之

本展は、20世紀ドイツ美術の第一人者、ヨーゼフ・ボイス (1921~1986) の作品や活動を、日本との関係を通して読み解く展覧会です。

1921年にドイツのクレーフェルトで生まれたボイスは、第二次世界大戦にドイツ軍の通信兵として従軍しますが、クリミア半島を飛行中に撃墜され、現地の遊牧民であるタタール人に命を救われます。戦後ボイスはデュッセルドルフの芸術アカデミーで彫刻を学び、芸術家として活動を開始しました。

1960年代前半には、ジョージ・マチューナスが設立した、フルクサスの活動にナム・ジュン・パイクらと共に参加し、アクション(パフォーマンス)の発表を開始します。全世界的に学生運動が活発化した1960年代後半、ボイスも「ドイツ学生党」を結成し、自分が教授として所属する芸術アカデミーの学生定員制度に反対し、教育の機会均等の権利を求めて大学当局と対立するようになります。

1970年代には、「国民投票による直接民主主義のための機構」や、「創造と学際的研究のための自由国際大学」を設立したり、エコロジー運動とつながりがある「緑の党」に立候補するなど、従来の芸術家の範疇を超えた活動を続々と開始しました。こうした活動は、芸術とは絵画や彫刻といった「モノ」を作ることだけではなく、たとえ日常的な行為でも創造性をもって主体的に行えば芸術となる、という「拡大された芸術概念」や、社会とは人々が創造性をもって造形してゆくものだ、という「社会彫刻」といったボイスの思想を背景としています。

ボイスは、1984年に来日し、8日間という短い時間の中で、展覧会、パフォーマンス、学生との対話集会、レクチャーなど、さまざまなボイスの芸術活動を展開し、日本のアート界に賛否両論を巻き起こしました。本展では、このたび25年ぶりに発見された来日当時に制作されたドキュメンタリーの未公開映像のほか、250点以上のマルティプル作品、ボイスの足跡を示す展覧会やパフォーマンスのポスター、来日時に交流があった日本人評論家やアーティストのヴィデオインタビューなど、貴重な作品や資料が公開されます。

また、国際シンポジウムやパフォーマンス、トークなどの関連企画で、ボイスのメッセージを多角的に検証します。

本展では、1984年にヨーゼフ・ボイスが来日した際に撮影されたドキュメンタリー映像をノーカットで上映しているため、映像をすべてご覧になる場合は、開館時間内に見終わらない場合がございます。どうぞご了承ください。



▼ヨーゼフ・ボイス プロフィール

ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys、1921年~1986年)は、ドイツの現代美術家・思想家・教育者・社会活動家。
脂肪やフェルト、石といった天然の素材を用いた立体作品や、巨大インスタレーションを制作したほか、パフォーマンスや、学生、政治家などと活発な公開議論も行った。
「人間は誰でも芸術家である」と語り、人間ひとりひとりが創造性をもって参与することでより良い社会をつくりあげる「社会彫刻」という概念を提唱し、晩年は「緑の党」の設立やエコロジー運動に関わった。
1984年に西武美術館の招聘で来日し、展覧会の他に対話集会、パフォーマンスをおこない、後進のアーティストや美術関係者に影響を与えた。


▼開催概要

展覧会名

Beuys in Japan:ボイスがいた8日間


会場

水戸芸術館 現代美術ギャラリー


開催日

2009年10月31日[土]~ 2010年1月24日[日]


開館時間

9時30分~18時 (入場は17時30分まで)


休館日

月曜日 年末年始12/27(日)→2010年1/4(月)
※11/23、 1/11(月・祝)は開館、翌11/24、1/12(火)休館


入場料

一般800円/前売り・団体(20名以上)600円
※中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添いの方1名・フリーパスをお持ちの方は無料
■ 一年間有効フリーパス発売中
「ハイティーンパス」(15歳以上20歳未満 ):1,000円
・ 「おとなのパス」(20歳以上):2,500円


主催

財団法人水戸市芸術振興財団、読売新聞東京本社


後援

ドイツ連邦共和国大使館、ドイツ文化センター


助成

芸術文化振興基金、財団法人ポーラ美術振興財団、財団法人吉野石膏美術振興財団


協力

株式会社I&S BBDO、アサヒビール株式会社、株式会社創夢、株式会社竹尾、北海道大学文学研究科芸術学研究室


企画

高橋 瑞木(水戸芸術館現代美術センター学芸員)


展覧会補佐

門脇さや子(水戸芸術館現代美術センター学芸員)




■関連プログラム

国際シンポジウム「21世紀にボイスを召還せよ!」

2009年11月15日[日]

ヨーゼフ・ボイスは、作品の制作だけでなく、経済や政治についてのディスカッションを通して「拡大された芸術概念」を展開しました。本シンポジウムでは、第一部に公私ともにボイスと親交の深かった方々を基調講演にむかえ、ボイスと共に歩んだ軌跡とボイスのヴィジョン、アートについて語っていただきます。
第二部では、学者、評論家、アーティストらによってボイスが来日した1984年の日本の思想、芸術の状況について検証し、政治や経済状況が大きく変化した21世紀社会における芸術と政治、アクションの有効性について議論します。

詳細


■関連プログラム

遠藤一郎パフォーマンス
「愛と平和と未来のために」

11月4日(水)~13日(金)、11月17日(火)~30日(月)を除く開館中毎日

未来芸術家 遠藤一郎が、パフォーマンスやワークショップを水戸芸術館敷地内で行い、ボイスに挑みます。

詳細


■関連プログラム

「Beuys in Japan」上映会

2009年11月7日[土]  8日[日]  

1984年にリリースされた『Beuys in Japan』(プロデューサー:泉秀樹、ディレクター:畠山直哉)のオリジナル映像デジタルリマスター版の上映。

詳細


■関連プログラム

トーク「今日のオルタナティブ」

2010年1月9日[土]

京都で文化・芸術・教育に関わるプログラムのディレクションや、メディアと政治に関するプロジェクトに携わる須川咲子氏と、国内外各地でオルタナティブスペースの立ち上げに関わっている遠藤水城氏、アーティストの高嶺格氏を迎えて、芸術やオルタナティブスペースの可能性についてトークをおこないます。

詳細


終了
■関連プログラム

キュレータートーク

2009年12月5日[土]

展覧会を企画した学芸員が展覧会について語ります。

詳細


終了

ウィークエンド・ギャラリートーク

2009年11月14日[土]~ 2010年1月24日[日]

■美術の教育プログラム

CACギャラリートーカーとともに展覧会を鑑賞します。

詳細


終了

赤ちゃんと一緒に美術館散歩 

2009年11月20日[金]  27日[金]  

■美術の教育プログラム

未就学児とその保護者のための鑑賞ツアーです。

詳細