開催中

デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ」

2017年10月14日[土]~ 2018年1月21日[日]

■企画展
デイヴィッド・シュリグリー「アーティスト」2012
アニメーション 2分24秒
Courtesy: Artist and Stephen Friedman Gallery, London

ブラックユーモアが特徴の作品で知られるイギリス人現代美術家、デイヴィッド・シュリグリーによる日本初の大規模個展を開催します。
シュリグリーは、日常の場面を軽妙に描写したドローイングをはじめ、アニメーション、立体、写真などさまざまな手法で制作したアイロニカルな作品で国際的に高い評価を得ています。身近な題材を扱った作品は、美術とポップカルチャーの領域を軽やかに横断し、著名なミュージシャンやファッション・ブランドとコラボレーションを行なう一方、マンガやパブリックアートでも注目され、幅広い層から人気を博しています。
「Lose Your Mind(ルーズ・ユア・マインド)」という本展のタイトルは、「気が狂う」などを意味する熟語の命令形にあたります。正気を失うよう促す挑発的なタイトルには、シュリグリー作品に通底する独特のユーモアが現れているといえるでしょう。ブリティッシュ・カウンシルとのパートナーシップにより開催する本展では、人気の高いドローイングを圧倒的なボリュームで展示するほか、思わず笑いがこぼれるアニメーション映像から、剥製の彫刻、芸術を揶揄するコンセプチュアルな作品まで、シュリグリーの多様な活動を国内で初めて包括的に紹介します。さらに、2016年秋からロンドンのトラファルガー広場で展示され話題を呼んでいるパブリックアート「リアリー・グッド」のバルーン版を制作し、世界に先駆けて初公開します。イギリス特有といえるダークなユーモアで彩られたデイヴィッド・シュリグリーの世界をぜひお楽しみください。



Courtesy: Stephen Friedman Gallery, London

デイヴィッド・シュリグリー

イギリス人現代美術家。1968年イングランド北部マックルズフィールドに生まれ、グラスゴー・スクール・オブ・アート(スコットランド)で学び、現在はイングランド南部のブライトン在住。イギリス人もしくはイギリス在住作家に贈られる名声高いターナー賞に2013年にノミネートされ、2016年にはイギリスで最も重要なパブリックアートのひとつとされる「第4の台座」プロジェクト(ロンドン、トラファルガー広場)に、異様に長い親指を突き立てて「いいね」のしぐさを示す7メートルのブロンズ彫刻「リアリー・グッド」が選出され、話題を呼んでいる。シュリグリーは、イギリス人特有のブラックユーモアを取り込んだ作品で知られ、とくに日々の生活を題材にしたウィットに富んだドローイングが人気を博し、雑誌やTシャツ、バッジ、グリーティングカードなど商品に起用されることも多い。現代美術の分野で国際的に評価される一方で、大衆文化においてもマンガや本を通してカルト的な人気を誇る稀有な美術家と言われる。


▼参考図版

デイヴィッド・シュリグリー
「ダチョウ」2009
ダチョウの剥製 195×160×95cm
Courtesy: Artist and the British Council Collection
撮影: Stephen White

デイヴィッド・シュリグリー「チアーズ」2007
防水ズボン、発砲ウレタン 145×45×58cm
Courtesy: Artist and Stephen Friedman Gallery, London


デイヴィッド・シュリグリー「アーティスト」2014
3台のロボット、モーター、かつら サイズ可変
Courtesy: Artist and Stephen Friedman Gallery, London
撮影: NGV Photographic Services

デイヴィッド・シュリグリー
「無題(黒い目の青い昆虫)」
2007
モノプリント 100×70 cm
Courtesy: Artist and the British Council Collection


デイヴィッド・シュリグリー
「虫―無題(413点の彫刻)」2007
鉄、エナメルペイント サイズ可変
Courtesy: Artist, Stephen Friedman Gallery, London and Galleri Nicolai Wallner, Copenhagen
撮影: Marcos García

「デイヴィッド・シュリグリー: ルーズ・ユア・マインド」の展示風景、2015、カバーニャス文化学院(メキシコ、グアダラハラ)
撮影: Marcos García


デイヴィッド・シュリグリー「若葉」1995
ラテックス、アクリル 90×60×1cm
Courtesy: Artist and the British Council Collection

デイヴィッド・シュリグリー
「頭のないドラム奏者」2012
(アニメーションからの静止画)
Courtesy: Artist and Stephen Friedman Gallery, London



▼開催概要

展覧会名

デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ」


会場

水戸芸術館 現代美術ギャラリー


開催日

2017年10月14日[土]~ 2018年1月21日[日]


開館時間

9時30分~18時(入場時間は17時30分まで)


休館日

月曜日、年末年始(2017年12月27日(水)~2018年1月3日(水))、1月9日(火)
※ただし2018年1月8日(月・祝)開館


入場料

一般800 円、団体(20名以上)600円


主催

公益財団法人水戸市芸術振興財団


特別協力

ブリティッシュ・カウンシル


助成

グレイトブリテン・ササカワ財団


協力

アサヒグループホールディングス株式会社、YUMIKO CHIBA ASSOCIATES


企画

竹久侑(水戸芸術館現代美術センター)、カトリーナ・シュワルツ、クレア・フィーリー(ともにブリティッシュ・カウンシル)




終了
■関連プログラム
デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド-ようこそダークなせかいへ」

アーティスト・トーク

2017年10月14日[土]

デイヴィッド・シュリグリーが来日し、自身の作品について語ります。
*日本語通訳あり

詳細


予告
募集終了
■関連プログラム
デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド-ようこそダークなせかいへ」

シュリグリーで英語レッスン

2017年11月25日[土]~ 2018年1月8日[月]

さまざまな年齢の人びとに対して授業経験のあるイギリス人英語教師を招いて、出品作品を題材に英語を楽しく学ぶ本展のオリジナル企画。絵を通して英語でコミュニケーションする初歩的なものから、シュリグリー作品に現れる英語やユーモアを学ぶものまで、年齢に応じて内容を変えて行います。英語初心者も歓迎です。

日時:①11月25日(土)[高校生以上おとなクラス] ※終了しました。
   ②12月2日(土)[小学1年~4年生クラス]  ※終了しました。
   ③2018年1月8日(月・祝)[小学1年~中学3年生クラス] ※小学5年生~→小学1年生~に対象を広げて募集しました。定員に達しましたので、募集を締め切りました。ただ今、キャンセル待ち受付中です。 
   各日11:00~12:00 *ただし②のみ11:45まで

※当日はギャラリーが混雑する場合がございます。予めご了承ください。

詳細


終了
デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド-ようこそダークなせかいへ」

こどものためのプログラム「UK?OK!ZK!」(ユーケー?オーケー!ゾーケー!)

2017年11月19日[日]

■美術の教育プログラム

●定 員:各回15名(要電話申込・先着順)
●申込み:水戸芸術館現代美術センター TEL 029-227-8120
     [申込受付期間] 10月3日(火)~、[受付時間] 10:00~18:00(休館日を除く)
●参加費:こども1名につき500円。 保護者の方は展覧会入場券が必要です。
※どちらの回も定員に達しましたので、募集を締め切りました。

園児や小学生を対象に鑑賞ツアーと簡単な造形ワークショップを行います。

11:00~12:30 [年中、年長の園児クラス 保護者同伴]
14:30~16:00 [小学生クラス]

詳細


終了
デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ」

あーとバス2017

2017年11月16日[木]~ 2017年11月24日[金]

■美術の教育プログラム

●11月20日(月)は休館日です。一般の方は展覧会をご覧いただけませんので、ご注意ください。

水戸市内の小・中学生を対象に、当館が用意するバスで送迎し、展覧会を鑑賞するプログラムを行います。
実施日:2017年11月16日(木)、17日(金)、20日(月)、21日(火)、22日(水)、24日(金)
※当日はギャラリーが児童・生徒たちで混雑する場合がございます。予めご了承ください。

詳細


終了
デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド-ようこそダークなせかいへ」

赤ちゃんと一緒に美術館散歩

2017年12月6日[水]~ 2017年12月8日[金]

前回の様子

■美術の教育プログラム

●日 時:12月6日(水)、8日(金) 各日10:30~12:00
●ワークショップ講師:矢代貴司(ボディパーカッション教育指導者)
●定 員:各回15組(要電話申込・先着順)
●対 象:未就学児とその保護者
●申込み:水戸芸術館現代美術センター TEL 029-227-8120
     [申込受付期間] 10月3日(火)~、[受付時間] 10:00~18:00(休館日を除く)
●協 力:NPO法人 子育て応援・ペンギンくらぶ
●参加費:保護者1名につき1,000円(展覧会入場料を含む)
※どちらの回も定員に達しましたので、募集を締め切りました。

案内スタッフと一緒に展覧会を鑑賞します。鑑賞に加え、親子で楽しめるワークショップを実施します。

詳細


予告
募集終了
デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ」

視覚に障害がある人との鑑賞ツアー「セッション!」

2017年12月9日[土]~ 2018年1月13日[土]

■美術の教育プログラム

●日 時:12月9日(土)、2018年1月13日(土) 各日15:00~17:00
※どちらの回も定員に達したため、募集を締め切りました。
●定 員:各回5名(要電話申込・先着順)
●対 象:一般
●申込み:水戸芸術館現代美術センター TEL 029-227-8120
     [申込受付期間] 10月3日(火)~、[受付時間] 10:00~18:00(休館日を除く)
     ※視覚に障害がある方はお申込みの際にお知らせください。
●参加費:1,000円(展覧会入場料を含む)

全盲の白鳥建二さんをナビゲーターに、見える人と見えない人とが一緒に展覧会を鑑賞するツアーです。

詳細


予告
デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ」

プレ・スクール プログラム

2018年1月11日[木]~ 2018年1月17日[水]

■美術の教育プログラム

●日 程:2018年1月11日(木)、1月12日(金)、15日(月)~17日(水)
●定 員:15園程度(先着)
●対 象:水戸市内の幼稚園・保育園・託児施設等の年長クラス
●申込み:郵送でご案内します。園単位でFAXにてお申込みください。
※当日はギャラリーが園児たちで混雑する場合がございます。予めご了承ください。1月15日(月)は休館日です。一般の方は展覧会をご覧いただけませんので、ご注意ください。

水戸市内の幼稚園、保育園の年長クラスを対象にした鑑賞ツアーと造形ワークショップを組み合わせたプログラムです。鑑賞マナーと美術の楽しみを伝えます。

詳細


開催中
デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ」

ウィークエンド・ギャラリートーク

2017年10月28日[土]~ 2018年1月21日[日]

■美術の教育プログラム

●会場 現代美術ギャラリー
●参加費は展覧会入場料に含まれます

市民ボランティアCACギャラリートーカーとともに展覧会を鑑賞します。参加ご希望の方はギャラリー入口にお集まりください。
期間:10月28日(土)~2018年1月21日(日) 期間中の毎週土・日曜日 各日14:30~(約40分)
※11月19日(日)、2018年1月6日(土)、1月7日(日)は除く。

詳細