終了

大友良英「アンサンブルズ2010―共振」

2010年11月30日[火]~ 2011年1月16日[日]

■企画展
大友良英「アンサンブルズ2010―共振」2010年
水戸芸術館現代美術ギャラリーでの展示風景
撮影:下道基行

音楽家の大友良英氏が2008年に始めた、美術・音楽などジャンルの違い、プロ・アマなどキャリアの違いを超えた横断的な協働アートプロジェクト『アンサンブルズ』を、地域住民参加型へと発展させ、館内および水戸中心市街地を舞台に、展覧会、パレード、コンサートなど音楽にまつわる様々なプロジェクトを秋から冬にかけて連続して行います。当館における展覧会では建築家、アーティスト、エンジニアに誘いをかけ、まるでバンドを組むように協働し、音を奏でる「音楽装置」を地域の人びとの声や記憶を取り入れる形でつくりあげます。本プロジェクトは、昨年好評を得たさまざまな地元バンドが市街地を練り歩き、最後に大合奏を行う《アンサンブルズ・パレード》(10月30日開催※31日雨天順延)で幕を開けます。

>>▼展覧会記録集通信販売のご案内



▼出品作家

大友良英(音楽家)、菊地宏(建築家)、堀尾寛太(展示/パフォーマンス/電子デバイス)、青山泰知(美術家)、中崎透(美術家)、矢口克信(美術家)、五嶋英門(美術家)、毛利悠子(美術家)、近藤祥昭(サウンド・エンジニア)、高田政義(照明デザイナー)


▼作家紹介

大友良英

音楽家

1959年生。ギタリスト/ターンテーブル奏者/作曲家/プロデューサー。常に同時進行かつインディペンデントに多種多様な作品をつくり続け、その活動範囲は世界中におよぶ。ノイズやフィードバックを多用した大音量の作品から、音響の発生そのものに焦点をあてた作品に至るまでその幅は広く、ジャズや歌をテーマにした作品も多い。映画音楽家としても田荘荘監督「青い凧」等の中国映画から相米慎二、安藤尋、足立正生、田口トモロヲといった日本を代表する映画監督の作品、横浜聡子等若手監督の作品、NHKドラマスペシャル「白洲次郎」等テレビドラマ、CFの音楽と、数多くの映像作品の音楽を手がけ、その数は50作品を超える。近年は「ENSEMBLES」の名のもと様々な人々とのコラボレーションを軸に数多くの展示音楽作品や特殊形態のコンサートを手がけると同時に、障害のある子どもたちとの音楽ワークショップにも力をいれている。著書に「MUSICS」(岩波書店)、「大友良英のJAMJAM日記」(河出書房)、「ENSEMBLES」(月曜社より10月発売予定)がある。


▼「アンサンブルズ」とは

合奏を意味する「アンサンブルズ」を複数形にして、アーティスト、音楽家、技術者、企画者、スタッフ、一般参加者など多種多様な個々のひとびとが絡み合い、関連、浸食、反発しあいながら展開する音楽を基調とした大友良英によるプロジェクト。既存の演奏・展示空間だけでなく、生活の場である街中も舞台とし、従来の枠組みにとらわれない重層的・複合的な音楽表現を、コンサートや展示という形態で多数の協働者とともに探求している。



▼開催概要

展覧会名

大友良英「アンサンブルズ2010―共振」


会場

水戸芸術館 現代美術ギャラリー


開催日

2010年11月30日[火]~ 2011年1月16日[日]


開館時間

9時30分~18時 ※入場は17時30分まで


会場

水戸芸術館現代美術ギャラリー


休館日

月曜日 ※ただし1月10日(月・祝)は開館、翌11日(火)休館
年末年始12月27日(月)~2011年1月3日(月)


料金

一般800円、前売・団体(20名以上)600円
※中学生以下、65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名、年間パスをお持ちの方は無料
一年間有効フリーパス
「ハイティーンパス」(15歳以上20歳未満 ):1,000円
・「おとなのパス」(20歳以上):2,500円


主催

財団法人水戸市芸術振興財団、MeToo推進室


助成

財団法人文化・芸術による福武地域振興財団
財団法人アサヒビール芸術文化財団


特別協力

水戸商工会議所


協力

山口情報芸術センター[YCAM]、フォスター電機株式会社、
フォステクス カンパニー、ヤマハ株式会社、株式会社かわまた楽器店、
GOK SOUND、アサヒビール株式会社、株式会社リーテム


企画

竹久侑(水戸芸術館現代美術センター学芸員)



予告
■関連プログラム
大友良英|アンサンブルズ2010―共振

アンサンブルズ・フェス

2010年11月28日[日]

大友良英『アンサンブルズ2010―共振』の展覧会オープニング特別企画として、異色のギャラリー内コンサートを開催!独自の音楽活動で注目を集めるミュージシャンが、大友さんの展示作品が奏でる音と共演します。

詳細


終了
■関連プログラム

『音遊びの会』& 『ダブル・オーケストラ』

2011年1月9日[日]

大友さんの「アンサンブルズ」の考えが反映された、異なる二つのコンサートをセットでお楽しみいただける本展ならではのスペシャル企画。音遊びの会は、2005年より音楽家と知的障害者で即興演奏の舞台活動を各地で行ってきました。昨年好評を得た東京公演につづく遠征公演です。また、『ダブル・オーケストラ』は、二人の指揮者が率いる二つのオーケストラが、ひとつの舞台で即興演奏する特殊コンサート。同じ場でコンダクトする指揮者同士のせめぎあい、指揮者と演奏者との不具合な応酬など、指揮系統の崩壊したステージで、共振、干渉しあう音楽が奏でられます。

詳細


終了
■関連プログラム

『アンサンブルズ2010クロージング・ライブ』

2011年1月16日[日]

5名のミュージシャンがギャラリー内の複数ヶ所で作品の奏でる音とともに同時に演奏。本展の最後を飾る静謐なライブ。

詳細


終了
■関連プログラム
第二回大衆浪漫歌劇団和心団特別記念公演

「長靴即興演奏会」

2010年12月19日[日]

大友氏の急な体調不良により、2011年 1月15日(土)に延期となりました。
屋外でのパフォーマンスとなりますので、ぜひ防寒の上お越しください。パフォーマンス時間は約1時間の予定です。

詳細


終了

ウィークエンド・ギャラリートーク

2010年12月11日[土]~ 2011年1月16日[日]

■美術の教育プログラム

CACギャラリートーカーとともに展覧会を鑑賞します。

詳細


終了

赤ちゃんと一緒に美術館散歩 

2010年12月10日[金]  

■美術の教育プログラム

未就学児とその保護者のための鑑賞ツアーです。

詳細


終了
大友良英

アンサンブルズ・パレード

2010年10月30日[土]  

■美術の地域連携プログラム
■広場・エントランスホールイベントほか

詳細


終了

IBS茨城放送によるラジオ番組『大友良英 ラジオ・アンサンブルズ』

2010年10月10日[日]~ 2011年1月2日[日]

■美術の地域連携プログラム

大友さんがパーソナリティを務め、『アンサンブルズ2010』のために滞在する水戸をテーマに、地域からゲストを招いて語りあいます。

詳細