終了
■美術の地域連携プログラム
日比野克彦

HIBINO CUP in 水戸

2010年7月28日[水]

日比野によるワークショップとサッカーが融合されたイベントです。午前は各参加チームがボールとゴールを段ボールで自作するワークショップが、午後はオリジナルのルールによるサッカーの試合が行われ、優勝チームにはHIBINO CUPが贈られます。


▼日比野克彦

アーティスト
1958年岐阜市生まれ。東京芸術大学大学院修了。在学中にダンボール作品で注目を浴び、国内外で個展・グループを多数開催する他、舞台美術、パブリックアートなど、多岐にわたる分野で活動中。近年は各地で一般参加者とその地域の特性を生かしたワークショップを多く行っている。

1982年第3回日本グラフィック展大賞、1983年第30回ADC賞最高賞、第1回JACA展グランプリを受賞。1986年シドニー・ビエンナーレ、1995年ヴェネチア・ビエンナーレに出品。2008年は、金沢21世紀美術館で日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式meets NODA[But-a-I]を開催、美術館に舞台を出現させ、野田秀樹さんと演劇とアートのコラボレーションを試みる。他、2009年の横浜開港150周年に向けた市民参加のワークショップ「横浜FUNEプロジェクト」、横浜トリエンナーレ同時開催周辺イベントとして THE SEEDS TRIP「種は船」造船プロジェクト、2003年から継続中の「明後日朝顔プロジェクト」など、精力的に全国を駆け回っている。


▼概要

主催

財団法人水戸市芸術振興財団、NPO法人韋駄天
社団法人水戸青年会議所(2009年まで)
HIBINO CUP実行委員会(2010年より)


協力

レンゴー株式会社、FC水戸ホーリーホック、アサヒビール株式会社
社団法人水戸青年会議所(2010年より)


後援

(財)日本サッカー協会、水戸ホーリーホックホームタウン推進協議会
水戸市サッカー協会


参加費

おひとり様につき500円


会場

水戸芸術館広場


集合場所と時間

朝9時までに水戸芸術館広場で受け付けをしてください。


対象

一般