終了
■美術の教育プログラム

高校生ウィーク2010
「てらす・かふぇ」

2010年3月3日[水]~ 2010年4月4日[日]

高校生ウィーク2009 カフェの風景
撮影:大谷健二

高校生と同年代を対象にした恒例の展覧会無料招待期間。期間中はギャラリー入場者誰もが利用できるカフェが開設され、その運営を高校生や大学生のボランティアが担います。
カフェでは期間中もさまざまなワークショップが行われます。そこは、アーティストや市民、または市民同士の創造、憩い、交流の場です。開催中の「リフレクション」展にちなんで、こころを「照らす」場となるよう、「てらす・かふぇ」と名付けられました。
今年度も企画展の連動企画とした「放送部!」や、茨城大学からの提案企画「サステナ部」が行われるなど、12月から4つの部活動が活動します。



■セルフサービス喫茶室「てらす・かふぇ」

高校生ウィークの期間中、ギャラリーの中にカフェが出現します。セルフサービスのカウンターにコーヒーやお茶が用意してあります。静かに本を読むもよし、用意してある材料で裁縫や工作をしたり、ワークショップに参加するもよし、おもいおもいの時間をお過ごしください。

■ デイリーワークショップ

実施日:高校生ウィークの期間中
・「日々の針仕事」
・「推薦図書館」協力:水戸市立図書館
・「お菓子」(土・日曜のみ)協力:亀印製菓株式会社、だるま食品株式会社

■藤原弥生ワークショップ「7days card ―活版印刷のオリジナルカードをつくろう」

実施日:3月13日
協力:水戸芸術館ミュージアムショップ・コントルポアン、株式会社ニューアートディフュージョン

■びじゅつかんでまっさーじ

茨城県立盲学校高等部



■ 部活動

【放送部!】

実施日:12月~4月
顧問:後藤英門(美術家)、竹久侑(水戸芸術館現代美術センター学芸員)
・放送部番組発表会(3月28日)
・放送部関連展示―藤井光出張授業
 「私たちはいつも演じている」映像公開(高校生ウィーク期間中)

【書く。部】

実施日:12月~4月
顧問:市川寛也(筑波大学院生)、本間未来(CACギャラリートーカー)
・「リフレクション展 高校生版ギャラリーガイド」制作(3月中旬配布開始)

【写真部】

実施日:12月~4月
顧問:松本美枝子(写真家)、浅井俊裕(水戸芸術館現代美術センター芸術監督)
・「postcard Book」の制作
・「とびだせ!写真部」(3月25日)

【サステナ部】

実施日:12月~4月
顧問:伊藤哲司(茨城大学教授)、茨城大学地球変動適応科学研究機関(ICAS)
・クロスロードゲーム(高校生ウィーク期間中)
・サイエンスカフェ
  3月 6日 講師:伊藤哲司
  3月20日 講師:田村誠(茨城大学准教授)

▼概要

対象

[展覧会無料招待]高校生または同世代の方
※年齢または学籍が証明できるものをお持ちください。
[カフェ]来場者一般


会場

水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室


カフェ開催時間

平日15:00~18:00、土・日・祝13:00~18:00[カフェ営業時間]


企画

森山純子(水戸芸術館現代美術センター教育プログラムコーディネーター)
中野詩(水戸芸術館現代美術センター教育プログラムコーディネーター)


関連するイベント
» リフレクション 映像が見せる“もうひとつの世界”

終了

放送部!番組発表会

2010年3月28日[日]

■美術の教育プログラム

放送や映像の専門家とともに番組制作について学びながら、展覧会の出品作家へのインタビューを織りまぜた短い番組を制作することをめざします。

詳細


終了

とびだせ!写真部

2010年3月25日[木]

■美術の教育プログラム

商店街の写真スタジオに移動して、見学と活動を行います。

詳細


終了

藤原弥生ワークショップ :
7 days cards ―活版印刷のオリジナルカードをつくろう―

2010年3月13日[土]

■美術の教育プログラム

大切な人へメッセージを届けたくなるシンプルであたたかなカード「7 days cards」が誕生して今年で30周年。水戸芸術館のミュージアムショップでもおなじみのカードの作者、藤原弥生さんが簡易活版印刷機を持って高校生ウィークに登場です。シンプルなメッセージに刻印をつけて、オリジナルのカードをつくります。

詳細


終了

サステナ部「サイエンスカフェ」

2010年3月6日[土]  20日[土]  

■美術の教育プログラム

サステイナビリティ学(地球持続学・持続可能学)について、専門家がそれぞれの視点から語ります。どなたでもご参加いただけます。

詳細


サステナ部「クロスロードゲーム」

2010年3月3日[水]~ 2010年4月4日[日]

■美術の教育プログラム

地球温暖化、食糧、紛争、災害など問題山積の21世紀、すべての人々が共にサステイナブル(持続的)に生きていくにはどうすればよいでしょうか?「クロスロード」というカードゲームで、いろいろな人と対話を重ねながらその答えを探ってみましょう!ルールは簡単。サステナ部が、カフェ内でご案内します。

詳細