終了
クリテリオム84

山本麻紀子アーティストトーク

MENDING 水戸 プロジェクト

2012年9月9日[日]

山本麻紀子
修繕された岩間東華堂薬局(泉町2丁目)の
パンダのマスコット

現在、クリテリオムで個展を開催している山本麻紀子のアーティストトークです。山本が水戸に1か月以上滞在しながら実施した「MENDING 水戸 プロジェクト」について、また人々との出会いや交流など、展覧会場では伝えきれないさまざまなエピソードを交えてお話しいたします。
アーティストの視点をとおして、水戸の町と人の魅力を再発見する機会になるでしょう。参加ご希望の方は、開催時間までに会場にお集まりください。

日時:2012年9月9日[日] 14:00~15:00
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー第9室
   横オープンスペース
定員:30名 *予約不要・先着順  
*料金は「水戸岡鋭治の鉄道デザイン展」に含まれます。


「MENDING 水戸プロジェクト」とは
京都出身のアーティスト山本麻紀子が、1カ月余りにわたる水戸滞在中に街でみつけたほころびを、MENDING(修繕)=なおすプロジェクト。
時間による風化や震災によってできた傷など、水戸の街中のほころびを、ロンドンの道端に落ちていた落とし物を使って山本が修繕しています。店舗の看板や置き物、外壁のタイルなど、修繕された箇所は、ただ復元を果たしたのではなく、水戸の人々との出会いや時間の風化、文化の多様性を祝福する記念碑として息を吹き返しました。
「どこかで何かが不足していれば、その反対側で何かが余っている」と言う山本は、この世界規模のジグソーパズルに取り組みながら、誰かの不要が、われわれの出会いや回復につながるのならば、われわれの悲しみでさえ、どこかの誰かの救済につながっているのではないか、そんな可能性を体現しています。