ちょっとお昼にクラシック 
小栗まち絵と仲間たち

2019年2月21日[木]13:30-  

■オリジナル企画

チケット予約

 気軽にランチタイムにお楽しみいただく「ちょっとお昼にクラシック」。今回は、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノそれぞれの楽器の魅力が味わえるソロの名曲の数々と、それらの楽器が一堂に会して豊かなハーモニーを奏でるアンサンブル曲をお贈りします。

 出演は、水戸室内管弦楽団のコンサートミストレスも務め、室内楽やソロをはじめとする演奏、後進の指導など国内外で多彩な活躍を続ける小栗まち絵(ヴァイオリン)を中心とした演奏家たち。多数の国際コンクールで賞に輝き、共にオーケストラの首席奏者や室内楽団のメンバーとして八面六臂の活躍をしている馬渕昌子(ヴィオラ)と丸山泰雄(チェロ)、高い音楽性を持ち、室内楽で共演者の厚い信頼を得ている白石光隆(ピアノ)が登場します。今回のコンサートは、シトコヴェツキーが編曲したバッハの〈ゴルトベルク変奏曲〉(弦楽三重奏版)で幕を開け、1949年湯川秀樹氏がノーベル賞を受賞した際の晩餐会で演奏された優雅な貴志康一〈竹取物語〉、ピアノの技巧が光るショパン〈華麗なる円舞曲〉など多種多様なソロ曲が続きます。そして、最後は出演者全員によるエネルギッシュなブラームスのピアノ四重奏曲で締めくられるという、バラエティ豊かなプログラムをお届けします。

 この公演は、同時期に開催される水戸市内の中学校の1年生が参加する「中学生のための音楽鑑賞会」と同じプログラム、出演者でお届けするものです。豪華出演者の演奏と楽しいトーク、室内楽の魅力をぎゅっと凝縮したプログラムでお贈りする<ちょっとお昼にクラシック>に、どうぞお気軽に足をお運びください。

【出演】
小栗まち絵(ヴァイオリン)
馬渕昌子(ヴィオラ)
丸山泰雄(チェロ)
白石光隆(ピアノ)

【曲目】
J.S.バッハ(シトコヴェツキー編曲):ゴルトベルク変奏曲 ト長調 BWV988 (弦楽三重奏版)より
サン=サーンス:組曲〈動物の謝肉祭〉より“白鳥”
ポッパー:妖精の踊り 作品39
ショパン:ワルツ 第2番 変イ長調 “華麗なる円舞曲” 作品34の1
チャイコフスキー:〈懐かしい土地の思い出〉より “メロディ”(ヴィオラ版)
ヒンデミット:無伴奏ヴィオラ・ソナタ 第1番 作品25の1 より 第4楽章
貴志康一:竹取物語
クライスラー:中国の太鼓
ブラームス:ピアノ四重奏 第1番 ト短調 作品25 より 第4楽章“ジプシー風ロンド” 

▼料金

【全席指定】1,500円(1ドリンク付き)
●13:00開場 13:30開演

チケットの取り扱い

水戸芸術館
・エントランスホール内チケットカウンター
・水戸芸術館チケット予約センター TEL. 029-231-8000
・ウェブ予約 https://arttowermito.or.jp/tickets/ticket.html (要登録)
e+(イープラス) http://eplus.jp (PC・携帯)

昼クラ特典 ドリンク・サービスのご案内

コーヒーラウンジでソフトドリンクを無料で1杯サービスします。
公演当日(2/21)の営業時間内(10:00~18:00)でご利用いただけます。
※サービスのご利用に際しては、本公演のチケットをご提示ください。


▼公演概要

公演名

ちょっとお昼にクラシック 
小栗まち絵と仲間たち


会場

コンサートホールATM


開催日

2019年2月21日[木]  


主催

公益財団法人 水戸市芸術振興財団


協力

株式会社 サザコーヒー


お問い合わせ

水戸芸術館チケット予約センター
TEL. 029-231-8000 (営業時間 9:30~18:00/月曜休館)
※車椅子のお客様、盲導犬、介助犬同伴のお客様は、指定の座席へのスムーズなご案内のため予約時にお知らせください。
※公演の内容等は、変更になる場合があります。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
※公演中止の場合を除き、一度購入されたチケットの払い戻し、交換等はできませんのでご了承ください。