予告

パイプオルガン・プロムナード・コンサート 2018年1~3月

2018年1月8日[月]~ 2018年3月24日[土]

■音楽の教育プログラム

週末のひととき、気軽にお聴きいただけるコンサートです。エントランスホールに響く多彩なパイプオルガンの音色をお楽しみください。

1/8 [月・祝]13:00~13:45 大木麻理 ★新春スペシャル
1/14[日]12:00~12:30 / 13:30~14:00 安井歩、江戸春乃(フルート)
1/20[土]12:00~12:30 / 13:30~14:00 山司恵莉子
2/11[日]12:00~12:30 / 13:30~14:00 阿部翠
2/24[土]12:00~12:30 / 13:30~14:00 千田寧子
3/10[土]12:00~12:30 / 13:30~14:00 清水奏花
3/18[日]13:00~14:00 「市民のためのオルガン講座」受講生の発表会
3/24 [土] 12:00~12:30 / 13:30~14:00 西岡崇

●会場 エントランスホール
●1/8[月・祝]、2/11[日] 13:00~13:45
●1/14[日]、1/20[土]、2/24[土]、3/10[土]、3/24[土] 12:00~12:30 / 13:30~14:00

●入場無料


▼プロフィール

大木麻理 Mari Ohki

Organ

静岡市出身。東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。第34回日本オルガニスト協会新人演奏会、芸大モーニングコンサートのソリストに選出され尾高忠明指揮・芸大フィルハーモニーと協演。大学院アカンサス音楽賞受賞。オルガンを菊池みち子、廣野嗣雄、椎名雄一郎、チェンバロを大塚直哉、鈴木雅明の各氏に師事。
 DAAD(ドイツ学術交流会)、ポセール財団の奨学金を得てドイツ・リューベック国立音楽大学、デトモルト音楽大学に留学し、アルヴィート・ガスト、ミヒャエル・ラドレスク、マルティン・ザンダーの各氏に師事、満場一致の最優等で国家演奏家資格を得て卒業。
 第13回「静岡の名手たち」受賞、マインツ国際オルガンコンクール第2位、第3回ブクステフーデ国際オルガンコンクール優勝、第65回「プラハの春」国際音楽コンクール・オルガン部門第3位、併せてチェコ音楽財団特別賞受賞。2018年度からミューザ川崎シンフォニーホール・オルガニストへの就任が決定している。
 現在、東京藝術大学教育研究助手、神戸女学院大学非常勤講師、聖グレゴリオの家講師、彩の国さいたま芸術劇場「みんなのオルガン講座」講師、日本福音ルーテル市ヶ谷教会オルガニスト、日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。
Web http://mariohki.com/

©Mitsune Uchida

安井歩 Ayumu Yasui

Organ

1995年生まれ、兵庫県出身。5歳よりピアノを始め、神戸松蔭女子学院大学にて開催されていた18歳未満のためのオルガン・チェンバロ講座をきっかけに10歳よりオルガンを始める。いずみホール/バッハ・アルヒーフ・ライプツィヒ共同企画、ジャン=クロード・ツェーンダー・マスタークラス最優秀受講生に選ばれ、第15回大阪いずみホール夢コンサートに出演。これまでにオルガンを大塚直哉、廣江理枝、チェンバロを廣澤麻美、通奏低音を椎名雄一郎、即興演奏を近藤岳、ピアノを橘美恵、瓜谷未佳子、長尾洋史、菅野雅紀の各氏に師事。兵庫県立川西緑台高等学校理数探求類型を経て、現在、東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻4年次在籍、来春より同大学大学院音楽研究器楽科オルガン専攻に進学予定。単立亀有キリスト福音教会、立川福音自由教会、日本基督教団代官山教会、MB石橋キリスト教会オルガニスト。東京ムジーククライス練習ピアニスト。また、演奏だけにとどまらずオルガンの建造、メンテナンスにも興味をもち、幅広く活動している。

江戸春乃 Haruno Edo

Flute

4歳よりエレクトーン、11歳よりフルートを始め、兵庫県立川西緑台高等学校卒業後、現在、大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コースフルート科3年次在籍。第67回全日本学生音楽コンクール大阪大会入選、第23回日本クラシック音楽コンクール全国大会に出場。第38回アンサンブルの夕べに出演。ウィリアム・ベネット氏のマスタークラス受講。これまでに松村真美、石橋輝樹、中務晴之各氏に師事。

山司恵莉子 Eriko Yamaji

Organ

東北学院大学在学中にオルガンを始める。現在、東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻に在籍。これまでにオルガンを今井奈緒子、廣江理枝、通奏低音を椎名雄一郎、即興演奏を近藤岳、チェンバロを廣澤麻美の各氏に師事。日本基督教団西片町教会オルガニスト。

阿部翠 Midori Abe

Organ

東京藝術大学音楽学部楽理科、同修士課程、及びオルガン科卒。楽理科在学中にオルガンを始める。現在、同大学院オルガン専攻修士1年在籍中。オルガンを長谷川美保、廣野嗣雄、徳岡めぐみ、通奏低音を椎名雄一郎、即興演奏を近藤岳各氏に師事。
第1回「長崎でオルガン音楽を」オルガンオーディションにて審査員賞を受賞。2017年7月、奏楽堂モーニングコンサートにおいて芸大フィルハーモニアと共演予定。
カトリック市川教会、目黒教会オルガニスト。

千田寧子 Yasuko Chida

Organ

東京音楽大学ピアノ科卒業、同大学院音楽学研究領域修了。東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業、安宅賞、アカンサス音楽賞受賞。 同大学院音楽研究科修士課程修了、大学院アカンサス音楽賞受賞。現在、同大学院音楽研究科博士後期課程在学中。日本オルガニスト協会主催第41回新人演奏会、第1回フレッシュコンサート、オーディション選出による神奈川県民ホールプロムナードコンサートに出演。第8回武蔵野市国際オルガンコンクール第4位及び聴衆賞受賞。これまでにオルガンを植田義子、徳岡めぐみ、廣江理枝、通奏低音を椎名雄一郎、即興演奏を近藤岳、チェンバロを廣沢麻美の各氏に師事。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会、日本音楽学会各会員。仙台オルガンとカンタータの会、St.Paul International Lutheran Church オルガニスト。

清水奏花 Kanaka Shimizu

Organ

東京都出身。在学していた東洋英和女学院にてオルガンに出会い、12歳よりパイプオルガンを始める。東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻を卒業。トゥ-ル-ズ地方音楽院に留学。
オルガンを河野和雄、廣江理枝、ミシェル・ブヴァ-ル、ヤン・ヴィレム・ヤンセンの各氏に、ピアノを湧川洋子、白石光隆の各氏に、チェンバロを廣澤麻美、西山まりえ、宇山=ブヴァ-ル康子の各氏に、通奏低音を椎名雄一郎、ブリス・サリーの各氏に、即興演奏を近藤岳氏に師事。
2011年白川イタリアオルガン音楽アカデミーにて白川賞受賞。2014年学内のモーニングコンサートにおいて、高関健氏指揮、藝大フィルハ-モニアとバーバーの祝祭トッカータを共演。2016年、フランスのベテューヌとサントメールで行われたピエール・ド・マンシクール国際オルガンコンクールにて日本人で初優勝し、併せて聴衆賞を獲得。
2014年~2015年、水戸芸術館の「幼児のためのパイプオルガン見学会」のオルガニストを務める。
日本オルガニスト協会会員、日本オルガン研究会会員。日本基督教団下谷教会オルガニスト。現在、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程に在籍中。

西岡 崇 Takashi Nishioka

Organ

武蔵野音楽大学音楽学部器楽科ピアノ専攻、並びに東京芸術大学音楽学部器楽科オルガン専攻を卒業。これまで数々のオーケストラとの共演をはじめ、小編成でのアンサンブル活動も行っている。
また、2000年にはドイツでバッハゆかりの地オルガンツアーに参加し演奏会に出演する。
2004年には、浜松市福祉交流センターでのオルガンコンサートに出演するほか、教会、ホール等でソリストとして活動している。
これまでピアノを市田儀一郎、加藤隆之両氏に師事。オルガンを高橋靖子、廣野嗣雄両氏に、通奏低音を今井奈緒子、チェンバロを故小島芳子の各氏に師事。
現在、カトリック相模原教会オルガンアドバイザー、ヤマハ音教楽器たまプラーザ支店オルガン講師、サレジオ中学校音楽科教諭。日本オルガ二スト協会準会員。