水戸室内管弦楽団(Mito Chamber Orchestra)

楽団員プロフィール

オーボエ

フィリップ・トーンドゥル Philippe Tondre, Oboe

Philippe Tondre1989年、フランス・ミュルーズ生まれ。6歳でオーボエを始める。15歳でパリ国立高等音楽院に入学し、デイヴィッド・ワルターに師事、2010年には優秀な成績で修士号を取得した。
数々の主要な国際音楽コンクールで受賞歴を誇り、08年、第60回「プラハの春」国際コンクール第3位、同時にグスタフ・マーラー賞を最年少ファイナリストとして受賞。09年、国際ダブルリード協会「フェルナン・ジレ=ヒューゴ・フォックス」コンクール第1位。同年、第9回国際オーボエコンクール・軽井沢第2位。10年、第65回ジュネーヴ国際音楽コンクール第3位。11年9月には難関として知られる第60回ミュンヘン国際音楽コンクールで優勝し、聴衆賞、委嘱作の優秀な演奏解釈による特別賞も受賞した。
ソリスト、室内楽奏者として、数々の著名なオーケストラに参加しており、08年、18歳でシュトゥットガルト放送交響楽団首席オーボエ奏者に就任。その他バイエルン放送交響楽団、ヨーロッパ室内管弦楽団、ミュンヘン室内管弦楽団、シュトゥットガルト室内管弦楽団、水戸室内管弦楽団、サイトウ・キネン・オーケストラなどに参加。また、小澤征爾、ロジャー・ノリントン、コリン・デイヴィス、チョン・ミョンフン、ネーメ・ヤルヴィ、ヘルベルト・ブロムシュテット、エサ=ペッカ・サロネンといった名指揮者との共演も多い。

≫ 「新楽団員を訪ねて―フィリップ・トーンドゥル」インタビュー(2012年10月)
≫ 「フィリップ・トーンドゥル オーボエ・リサイタル」インタビュー(2015年7月)
≫ 「フィリップ・トーンドゥル オーボエ・リサイタル」インタビュー(2015年7月) [動画]