予告

第17回水戸市郷土民俗芸能のつどい

2019年2月24日[日]

水戸大神楽総本家柳貴家勝蔵社中

民俗芸能を継承してきた水戸市内の団体が一堂に会し、いにしえの技の数々を紹介します。

1部【広場】※雨天時はエントランスホール
「出演団体:演目」(出演順)
10:30~10:50 開会式 
10:50~11:20 水戸太鼓保存会「水戸太鼓」
11:20~11:50 向井町散々楽保存会「向井町の散々楽」
11:50~12:10 大串ささらばやし保存会「大串のささらばやし」
12:10~12:40 大野のみろくばやし保存会「大野のみろくばやし」

12:40~13:30 休憩

2部【ACM劇場】
13:30~13:55 杖友会「田谷の棒術」
13:55~14:05 水戸盆唄保存会「水戸の盆踊り」
14:05~14:35 水府流水術協会「水府流水術」
14:35~14:50 水戸大神楽総本家柳貴家勝蔵社中「水戸大神楽」
14:50~15:15 大根むき花保存会「大根むき花」
15:15~15:40 杉崎芸能保存会:「やっちき」「ちりかた」ほか
15:40~15:50 閉会挨拶

●会場 広場/ACM劇場
●第1部 10:30~12:40(広場、雨天時はエントランスホール)
●第2部 13:30~15:50(ACM劇場)
●入場無料

 
  • 10:30
2月24日[日]
 
  •  
 
  •  
 
  •  
 
  •  
 
  •  
 
  •  


水戸太鼓(広場)

水戸太鼓保存会

水戸太鼓の歴史は、水戸藩第九代藩主徳川斉昭公時代、軍の演習として追鳥狩が行われ戦陣の合図として打ち鳴らされた太鼓の時代にさかのぼります。水戸の太鼓の伝統を受け継ぎ、水戸の新しい郷土芸能として昭和48年7月に創作されました。結成以来、数多くのステージで水戸太鼓を披露し、今では水戸にとどまらず茨城を代表する郷土民俗芸能として発展しております。曲は水戸の古き良き伝統と四季折々の情景を盛り込み15曲のオリジナル曲を持ち、直径3尺3寸の葵陣太鼓を打ち込んでの勇壮な演奏は大好評をいただいております。また数年前より津軽三味線を取り入れて、太鼓との競演を行い、演奏の幅も広げています。

向井町の散々楽(ささら)(広場)

向井町散々楽保存会

昔、台渡里(現在の水戸市渡里町)に一盛(いちもり)長者という豪族がおり、この長者は、八幡太郎義家(源義家)が蝦夷に征伐に向かう際、10万の兵を大いにもてなしました。あまりにも豪勢なもてなしぶりに、将来わが身が危うくなるかもしれないと考えた義家は東北遠征の折に一盛長者を滅ぼしてしまいました。その時、家臣が散々楽を持ち出して、向井町に住みついたところから向井町の散々楽の名がついたと言われています。向井町の散々楽は竹棒に人形を付けたもので、「棒ささら」と呼ばれ、雄獅子・雌獅子・子獅子の3体で成り立っています。以前、東照宮のお祭りの際、露払いとして大変伝統のある行列で天狗を先頭に家内安全、厄除け、五穀豊穣を祈願して町内を歩いたと言い伝えられています。

大串のささらばやし(広場)

大串のささらばやし保存会

大串のささらばやしは大串稲荷神社の祭礼に、江戸時代中期頃から氏子たちが年番(1年交代で執務すること。)を決め、無病息災、五穀豊穣を願って、「ささらばやし」を奉納したのが起源とされています。獅子頭を棒につけて操る「棒ささら」です。四方に幕などを張り巡らし、人が中に入り、お囃子に合わせて棒を操ることで、3頭の獅子が舞うように見せるもので、3頭の獅子は雄獅子・雌獅子・子獅子で、子獅子がはぐれ、再びめぐり合うといった親子の情を表す舞が行われます。棒ささらは茨城県の水戸・石岡地区に集中し、他県には見られない全国的にもめずらしい民俗芸能です。江戸時代は寺社奉公所の所管で行われましたが、明治以後は大串で行われるようになりました。現在は11月23日の祭礼で居祭りと称し、神社境内で行われます。

大野のみろくばやし(広場)

大野みろくばやし保存会

お囃子にのって面白い顔をした3体のみろく人形が舞います。化粧幕で囲われた底なし屋台の中で、子どもが駄々をこねるように操り人が棒先の人形をゆすることから、別名「大野の駄々みろく」ともいわれます。青い顔が鹿島さま、赤い顔が香取さま、黄色い顔が春日さまと呼びます。みろく人形の出自は水戸藩二代藩主徳川光圀公にまつわる民話風に語り継がれてきました。元禄のはじめ、藩命によって鹿島香取神社が下大野の鎮守社として祀られていることから、鹿島信仰と弥勒信仰の習合した念仏踊りが形を変えて伝わったものと考えられます。素朴で貴重なものとの評が高まり、昭和37年に保存会を結成し、後継者育成に取り組んできました。お囃子のなかの歌の意味が分かった人は長者になるといわれています。

田谷の棒術(ACM劇場)

杖友会(じょうゆうかい)

田谷の棒術は正式には無比流兵杖術(むひりゅうひょうじょうじゅつ)と言います。無比流兵杖術は、関ケ原の合戦で奮闘した槍の名人佐々木哲斉徳久(ささき・てっさい とくひさ)という人物によってあみだされたもので、5尺5寸の樫の棒を自由自在にあやつりながら威力を発揮する武術です。田谷町には、天明3年(1783年)ごろ、富永理藤太(とみなが・りとうた)という人物が戦災や飢饉のおりなどに野武士や盗賊の侵入を防ぐため役立てようと広めた記録があり、農民自衛の武術として、代々受け継がれてきました。現在まで230年余りで約790人の入門者が数えられています。

水戸盆唄(ACM劇場)

水戸盆唄保存会

水戸の盆踊りは、徳川斉昭公時代から庶民の伝統芸能として収穫の時期に各地で豊作を祝い、大勢の人達が櫓のまわりを太鼓に合わせて夜のふけるのを忘れて踊り、日頃の疲れを癒しました。この歴史ある郷土の庶民の伝統芸能を後世に正しく伝承するため、約50年前に保存会が結成されました。現在毎週1回の稽古を行いながら、各施設での「盆踊り大会」などの活動を続けております。

水府流水術(ACM劇場)

水府流水術協会

日本には日本人が生み出した永い伝統をもつ泳ぎの流派がたくさんあります。その泳ぎをクロールなど競泳と区別して日本泳法といいます。水府流水術は、こうした日本泳法の中でも最も有名で優れた泳ぎです。しかも水戸藩成立と同時に水戸に生まれ400年もの間水戸を中心につたえられた泳ぎです。2代藩主徳川光圀公や、15代将軍徳川慶喜公も泳ぎました。平成6年に水戸市の無形文化財の第1号に指定されました。

水戸大神楽(ACM劇場)

水戸大神楽 総本家 柳貴家勝蔵社中

大神楽とは、神社に御参りに来られない氏子や信者のために、神官が獅子舞を連れて氏子や信者の家々を廻ったのが始まりです。水戸大神楽は、江戸時代には、水戸藩德川家の御用を勤め、その伝統は脈々と続き、昭和初期には、十二代目家元・宮内数太夫の後を一番弟子の磯乃家嘉之助が継承しました。その後は、実子である磯乃勝太夫に譲り、そして現在は柳貴家勝蔵が十五代目家元を継承し、水戸大神楽総本家として活躍しています。

大根むき花(ACM劇場)

大根むき花保存会

水戸市中心地より東南へ6キロの元石川町に120年以上前から大根むき花が口伝により伝承されています。大根むき花は、大根を材料としてボタン、アヤメ、菊などを包丁1本で本物そっくりな花を作り上げるもので「花びらは全部つながっている」のが特徴です。大根の潔白を重んじ悪い環境にあっても、それに影響されないで、潔白に生きる事を論じていますので、むき花に着色しないことになっています。大根むき花は、いつの頃から伝承されてきたのかははっきりとした記録はありませんが、元石川町にある手子后(てごさき)神社には「郡司 助」が古希を迎えた明治21年に奉納したとされる大根むき花の絵が描かれた絵馬が残っていることから、120年以上の歴史を持っています。

杉崎芸能保存会(ACM劇場)

昭和60年(1985年)のつくば万博・内原町の日に、杉崎地区に受け継がれてきた郷土芸能を伝承披露するため杉崎芸能保存会が結成され現在に至っています。主な活動として旧内原杉崎地区に古くから伝わる「やっちき」「ちりかた」といった芸能を伝え、毎年7月に行われている地元杉崎祇園祭りを中心に舞を奉納しているほか、「内原ふれあいまつり」などにも参加し、祭りを盛り上げています。また、幼稚園、高齢者介護施設、などの訪問、結婚式や祝い事へのゲスト出演を積極的に行うなど、地域ボランティア活動にも力を入れています。

▼イベント概要

主催

水戸市民俗芸能団体協議会、(公財)水戸市芸術振興財団


後援

水戸市、水戸市教育委員会


お問合わせ

水戸市民俗芸能団体協議会:℡029-227-6688
水戸芸術館:℡029-227-8111