ご予約は TEL (029)225-3555 で承ります。
Mail to: webstaff@arttowermito.or.jp
ACM DANCE PERFORMANCE
松本 淳一 × 平松 み紀
SOUND
DANCE



彼女が靴をはいた
奏でる足音。踊る指先。衝突するあざやかな瞬間。
身体と音のスリリングな対話。


松本 淳一 SOUND
1973年北海道生まれ。国立音楽大学作曲学科卒業。
1994年10月「エレクトーンコンクールジャパンファイナル '94」(大阪フェスティバルホール)と、 同年12月「インターナショナル・エレクトーンコンクール '94」(東京・ゆうぽうと簡易保険ホール)にて第1位を受賞。 翌1995年3〜4月「インターナショナル・エレクトーンコンクール '94 WINNER'S CONCERT」ツアーを札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島にて開催。 各地で大反響を呼ぶ。この後、国立音楽大学在学中より演奏活動を始め、その第一歩として東京・仙台・札幌にてリサイタル・ツアーを公演。
1998年6月、リサイタル「jun's file #1 "PLAY AROUND!!"」(津田ホール)を開催。 オンドマルトノの世界的奏者である原田節氏をゲスト・パフォーマーに招いての初演自作曲を中心としたプログラムは、演奏家としてのみ に留まらず、その作曲家としての才能においてもさらに高い評価を得る。
1999年9月、アジア・エレクトーンフェスティバル(シンガポール)にゲスト出演。
透明感のあるサウンドと圧倒的な演奏表現力を持ち合わせ、さらに音の追及・創造に余念のないエレクトーン界の新星である。


写真撮影:浅倉 浩
平松 み紀 DANCE
1968年神奈川県生まれ。幼少よりバレエを始める。
バレエは自分の性格と身体に合わないと気づき、自由度の高いモダンダンスの世界へ。そして、黒沢美香&ダンサーズと出会う。即興を中心とした共同作業を続ける。
草月ホールでデビューし、俳優座、スパイラルホール、池袋にあったスタジオ200、横浜STスポット、渋谷ジァンジァン、狭くても満ち足りた時間を過ごす。そして、独りになり、活動が変化する。ライブハウスを中心に、プロトシアター"アマチュアナイト"に参加、表参道でのパフォーマンス、蒲田にあるStudio80にて他のダンサーと共同作業を企画をする。 小さくても満ち足りた時間を過ごす。そんな中、水戸芸術館と出会う。
1996年日仏版「V. O. 」より水戸芸術館の現代ダンス活動に参加。
1998年より水戸芸術館ACM劇場専属舞踊家となる。水戸芸術館では「V. O. 」「からだの音楽」「1999.3」「Origami」に出演するほか、市民舞踊学校の講師を務める。 また不定期開催の「エントランスで踊ってみる」などを行っている。そして、今回の「彼女が靴をはいた」に向け、ココロも踊っている。



写真撮影:浅倉 浩
ACM百人劇場シリーズ・7
ACM DANCE PERFORMANCE

「彼女が靴をはいた」

自己。他者としての互い。対話。二人と周囲。拡張する領域。 増幅する条件。可変確率。偶然を必然に変える可能性としての確率の向上。

ACM百人劇場シリーズ初登場のダンスとサウンドのコラボレーション。
新鋭のサウンド・パフォーマー松本淳一とACM専属舞踊家平松み紀が、ゼロからのクリエーションに挑みます。
二人が生み出す、あざやかな瞬間にどうぞお立ち会いください。

2000年 6月30日(金)19:00開演/7月 1日(土)19:00開演/7月 2日(日)16:00開演
水戸芸術館ACM百人劇場
一般2,000円/学生1,000円 (全席自由)
チケット発売:4月28日(金) [友の会先行予約 4月25日(火)]
チケット取扱い:
水戸芸術館エントランスホール内チケットカウンター
水戸芸術館チケット予約センター Tel.029-225-3555
チケットぴあ Tel. 03-5237-9988



ホーム 音楽 チケット
施設案内 演劇 友の会

美術


Copyright ©2000 Mito Arts Foundation. All Rights Reserved. Created by TK.
Mail to: webstaff@arttowermito.or.jp