終了
ACM THEATRE Performing ARTS

れっすんプロジェクト~クリエイターのしごとば~
『ことばをつむぐ人~作家・古川健の場合』参加者募集

2017年10月9日[月]

■演劇の教育プログラム

申込み

多彩な講師をお招きし、短期間のワークショップを開催する「れっすんプロジェクト」にクリエイターの創作の秘密をのぞく「クリエイターのしごとば」シリーズがはじまります。

File.1は『ことばをつむぐ人~作家・古川健の場合~』

緻密な調査に基づき、硬質ながらも生々しい人間模様を描く作風が、国内外から高い評価を受けている演劇界注目の若手作家・古川健さんをお招きし、創作の裏側や皆さんの疑問を、ゲストの筑波竜一さんと一緒に探索します。

劇作家や舞台創作に興味のある方はもちろん、文章で表現する仕事に就きたい方ににもオススメの講座です。

【作家】 古川健(作家・俳優/劇団チョコレートケーキ所属)
【ゲスト】筑波竜一(俳優/劇団温泉ドラゴン所属
【定員】 70名(要予約・先着順)

《お申込み受付期間》
9/2(土)10:00~10/6(金)18:00 ※定員になり次第終了

●会場 水戸芸術館 会議場
●開催日時 10/9(月祝)14時~16時(予定)
   ※30分前受付開始

●参加料
 一般:1,000円
  ※ACM劇場プロデュース『斜交』チケット購入した
  一般の方は半額・要チケット提示
 U-25:500円(25歳以下・要身分証明書)


▼作家プロフィール

古川 健(ふるかわ・たけし)

作家・俳優/劇団チョコレートケーキ所属

劇団チョコレートケーキに第2回公演から俳優として参加し、2009年から脚本を担当、現在に至る。芸談以外にも多数の外部作品の執筆、脚色やTBS『ゴロウ・デラックス』(コーナ内の脚本・出演)など映像作品も手掛ける。'14年、第21回読売演劇賞選定委員特別賞(「治天ノ君」)、第25回テアトロ新人戯曲賞、第49回紀伊國屋演劇賞団体賞など多数受賞。今年、第25回読売演劇大賞 上半期作品賞ベスト5に『60'sエレジー』(劇団チョコレートケーキ、5月)でノミネートされた。水戸芸術館ACM劇場では、'16年『ライン(国境)の向こう』、今年11月の『斜交』で脚本を担当している。演劇界注目の若手作家である。東京出身。

-------------------------------------

■『斜交』特設サイト http://shakkou310.com/


▼ゲスト

筑波竜一(つくば・りゅういち)

俳優/劇団温泉ドラゴン所属

茨城県土浦市出身。
近年、急成長を遂げている劇団「温泉ドラゴン」を2010年に旗揚げする。劇団と共に、今小劇場界で注目を集めている若手の一人。水戸芸術館ACM劇場には、今年11月『斜交』に出演する。