終了
劇団ACMによる平成23年度小学生のための演劇鑑賞会

走れメロス

2011年10月12日[水]~ 2011年11月17日[木]

■演劇の教育プログラム
平成22年度『走れメロス』
撮影:office Photo Style(佐川智伯)

水戸市との共催により2004年からスタートした小学生のための演劇鑑賞会。今年は、水戸芸術館専属劇団ACMが中心となって製作した『走れメロス』を、水戸市立小学校9校にて訪問上演していきます。

●会場 上大野小学校、酒門小学校、鯉淵小学校、河和田小学校、リリーベール小学校、稲荷第一小学校、新荘小学校、堀原小学校、内原小学校(公演日順)


▼ものがたり

シラクサの街にやってきたオリーヴァ村のひつじ飼い・メロス。ところがシラクサは以前の美しい街ではなく、人々は王さまの恐ろしいふるまいにおびえて暮らしていました。メロスは怒り、王さまのいる宮殿へ乗りこみました。あっという間に捕まり、殺されることになったメロスは、王さまに「三日間だけ時間をください」と頼みました。殺される前に、妹の結婚式をあげてやりたかったのです。
親友のセリヌンティウスを身代わりに残して、メロスは走りだしました!


▼概要

原作

太宰治


脚本・演出

長谷川裕久


出演

塩谷亮、遠島立夫、大内真智、小林祐介、澤田考司、
植田聡平、首藤大亮、鈴木栞(妹の声)


スタッフ

照明:佐野清一
舞台美術・舞台監督:二ノ宮康弘
音響:山本基之
衣裳:鯉沼言乃美
舞台監督助手:目原瞬
舞台スタッフ:水戸芸術館舞台技術係
衣裳スタッフ:岡部利佐子

企画・制作:水戸芸術館ACM劇場
芸術監督:松本小四郎


共催

水戸市教育委員会


主催

財団法人水戸市芸術振興財団