水戸室内管弦楽団 第85回定期演奏会

指揮、オーボエ:ハインツ・ホリガー

2012年10月20日[土]~ 2012年10月21日[日]

チケット予約

©D.Vass

■ウルスラ・ホリガー(ハープ)の来日中止ならびに曲目変更のお知らせ

本公演に出演を予定していたハープ奏者ウルスラ・ホリガーさんが、病気のため来日できなくなりました。  
これに伴い、曲目を一部変更いたします。ウルスラ・ホリガーさんの出演を予定していたルトスワフスキ作曲「オーボエ、ハープと室内管弦楽のための二重協奏曲」を取りやめ、代わりにJ.S.バッハ作曲「オーボエ協奏曲 イ長調 BWV1055」を演奏いたします。
皆様には急なお知らせとなり誠に恐縮ですが、なにとぞご了承くださいますよう、お願い申し上げます。


未体験の音楽のるつぼへ。

神業とも言うべき技巧を誇るオーボエ奏者、ハインツ・ホリガー。彼は同時に優れた指揮者、作曲家として音楽の世界に名を刻む。三領域にまたがる彼の音楽性が、精度の高いオーケストラのエッセンスである水戸室内管弦楽団(MCO)と出会うとき、コンサートホールATMで、新たな音楽の実験が始まる。

MCOとの初のコラボレーションに、ホリガーは驚きに満ちたプログラムを組み上げた。
「交響曲の父」ハイドンの集大成〈ロンドン交響曲〉を冒頭に置く構成で「指揮者ホリガー」の矜持を見せつつ、「演奏家ホリガー」の実力も十全に発揮される協奏曲が並ぶ。

知られざる名曲に光を当ててきたホリガーが、MCOとの共演にまず選んだ協奏曲は、モーツァルトと同時代の名オーボエ奏者、ルブランの作品。長年モーツァルトに取り組んできたMCOが、ホリガーの生み出す流麗な旋律にどう応えるのか、期待は高まる。

演奏会の最後は、ホリガーの故郷スイスゆかりの作品。バルトークがスイス滞在中に作曲した〈ディヴェルティメント〉だ。バルトークの弟子ヴェレシュに若き日のホリガーは作曲を学んでいた。多才な音楽家ホリガーの原点の一つが垣間見える作品である。

演奏家、指揮者、作曲家。3つの顔を併せ持つホリガーが、MCOの新たな可能性を切り拓く。実験はカウントダウンに入った。未体験の音楽のるつぼの中で、思いがけない化学反応があなたを魅了するだろう。

【出演】水戸室内管弦楽団
ハインツ・ホリガー(指揮、オーボエ)

【曲目】
ハイドン:交響曲 第104番 ニ長調 Hob.I-104 〈ロンドン〉
ルブラン:オーボエ協奏曲 第1番 ニ短調
J.S.バッハ:オーボエ・ダモーレ協奏曲 イ長調 BWV1055R (←変更曲)
バルトーク:弦楽のためのディヴェルティメント Sz.113

【参加メンバー】(各パート五十音順)
ヴァイオリン:安芸晶子、井上静香、植村太郎、潮田益子、久保田巧、塩田脩、島田真千子、田中直子、豊嶋泰嗣、中村静香、松野弘明、依田真宣、渡辺實和子
ヴィオラ:モーリン・ガラガー、川崎雅夫、川本嘉子、鈴木学
チェロ:北本秀樹、辻本玲、原田禎夫、宮田大
コントラバス:河原泰則、渡邊章成
フルート:岩佐和弘、工藤重典
オーボエ:フィリップ・トーンドゥル、森枝繭子
クラリネット:四戸世紀、吉田悠人
ファゴット:向後崇雄、吉田将
ホルン:猶井正幸、ジュリア・パイラント
トランペット:デイヴィッド・ヘルツォーク、若林万里子
ティンパニ:ローランド・アルトマン
チェンバロ:小林万里子

▼料金

【全席指定】S席8,000円 A席6,500円 B席5,000円
●10月20日[土]18:00開場 18:30開演
●10月21日[日]13:30開場 14:00開演

チケットの取り扱い

水戸芸術館エントランスホール・チケットカウンター
水戸芸術館チケット予約センター 029-231-8000
MUSIC SHOPかわまた 029-226-0351
ヤマハミュージック関東 029-244-6661
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード172-322)
CNプレイガイド 0570-08-9990

学生券のご案内

演奏会当日開演1時間前に残席がある場合、学生券を発売します(一律1,000円)。
・水戸芸術館エントランスホール・チケットカウンターのみの発売になります。
・ご購入の際、学生証の提示をお願いいたします。


▼プロフィール

©D.Vass

ハインツ・ホリガー Heinz Holliger

指揮、オーボエ

1939年、スイスのランゲンタール生まれ。ベルンでオーボエをエミール・カッサニョー、作曲をシャーンドル・ヴェレシュに師事。さらにバーゼルでピエール・ブーレーズに学ぶ。パリ音楽院ではオーボエをピエール・ピエルロに学んだ。59年にジュネーヴ、61年にミュンヘンの両国際コンクールのオーボエ部門で優勝して脚光を浴び、その後すぐに5大陸の主要なコンサートホールで演奏を開始。作曲と演奏両方を深く追究し、特殊奏法の開発と精確な演奏能力によって、オーボエという楽器の技術的な可能性を大きく拡げた。また、今日あまり知られていない作曲家や作品を積極的に取り上げ、その代弁者ともなっている。これまでに、スイス音楽家協会作曲家賞、コペンハーゲン市レオニー・ソニング音楽賞、バーゼル市芸術賞、エルンスト・フォン・シーメンス音楽賞、フランクフルト市音楽賞、ヴェニス・ビエンナーレ・アビアティ賞、チューリッヒ・フェスティバル賞、ラインガウ音楽賞などを受賞。チューリッヒ大学名誉博士。
指揮者としても第一線で活躍しており、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、クリーヴランド管弦楽団、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、バイエルン放送交響楽団、南西ドイツ放送交響楽団、ケルン放送交響楽団、フランクフルト放送交響楽団、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、ローザンヌ室内管弦楽団、ブダペスト祝祭管弦楽団、リヨン国立管弦楽団など、世界の主要なオーケストラと共演。またヨーロッパ室内管弦楽団とは長年に渡るコラボレーションが続いている。
水戸芸術館では、2010年、スイス・チェンバー・ソロイスツとともに「ハインツ・ホリガーと仲間たち」を開催。絶賛を博した。


▼公演概要

公演名

水戸室内管弦楽団 第85回定期演奏会


会場

コンサートホールATM


開催日

2012年10月20日[土]~ 2012年10月21日[日]


主催

公益財団法人水戸市芸術振興財団


協賛

株式会社ポイント、(財)げんでんふれあい茨城財団、株式会社吉田石油


協力

全日本空輸株式会社


助成

平成24年度文化庁 優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業


後援

茨城新聞社、水戸商工会議所


お問い合わせ

水戸芸術館チケット予約センター
TEL.029-231-8000 (営業時間 9:30~18:00/月曜休館)
※公演の内容や出演者は、変更になる場合があります。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
※公演中止の場合を除き、一度購入されたチケットの払い戻し、交換等は出来ませんのでご了承ください。