English

参加する・学ぶ

水戸室内管弦楽団では、音楽の素晴らしさを一人でも多くの方と分ち合えるよう、毎年、多彩な教育プログラムを行っています。
青少年のための音楽会、公開リハーサル、各種セミナーなどを通して、幅広い世代の方が音楽の楽しさに出会う機会や、より深く学べる場を提供いたします。

  • 水戸室内管弦楽団「子どものための音楽会」

    撮影:大窪道治

    オーケストラの生演奏を約2500名の子供たちに

    一流の演奏家たちをメンバーに揃える専属楽団「水戸室内管弦楽団」の定期演奏会にあわせて、地域の子どもたちにオーケストラが奏でる生演奏の感動を届けようと、2004 年に小澤征爾氏の指揮でスタートした音楽会。毎年約2500名の子供たちが、楽器の紹介や全員での合唱を楽しみながら、オーケストラの生演奏の魅力を体験します。

  • 水戸室内管弦楽団「公開セミナー」

    撮影:大窪道治

    世界トップレベルの音楽家が地域の子どもたちを直接指導

    茨城県内の学校の吹奏楽部などで音楽を学ぶ小・中学生、高校生の演奏を、国際的に活躍する水戸室内管弦楽団のメンバーが指導します。一般の方も無料でお聴きいただけます。小中学生向けセミナーは当館主催で、また高校生向けには「水戸市室内管弦楽団メンバーによる公開レッスン」として、茨城県、茨城県教育委員会との連携により開催しています。

  • 水戸室内管弦楽団「学生のための公開リハーサル」

    撮影:大窪道治

    国際水準の音楽創りを地域の子供たちが体感

    水戸室内管弦楽団のゲネプロ(最終リハーサル)を地域の学生に公開し、プロの演奏家が音楽を作りあげる様子を体感していただきます。

  • 水戸室内管弦楽団「中学生のための音楽鑑賞会」

    撮影:田澤 純

    市内の中学生約2,800名が一流の演奏を楽しく鑑賞

    水戸室内管弦楽団(MCO)のメンバーによる演奏とトークを通してクラシック音楽に親しんでもらう音楽鑑賞会。1993年から開催しており、毎年水戸市内の中学1年生約2,800名が参加しています。

今後の開催情報