▼注目公演

▼展覧会ほか

内藤 礼―明るい地上には あなたの姿が見える
「地上に存在することは、それ自体、祝福であるのか」をテーマに制作する現代美術家・内藤礼による個展。
本展では、光を自身の作品における根源のひとつとして扱ってきた内藤が、はじめてとなる自然光のみによる、光と生命と芸術がけっして分別されえない「地上の生の光景」を見つめる空間を生み出します。

◎本展は、作家の展覧会主旨により、自然光のみの展示となります。そのため、9月1日より開館時間が通常の18時から17時閉場に変更となります(入場は16時半まで)。

7月28日[土] ~10月8日[月]
開催中

北林加奈子
陶に軟質な素材を掛け合わせた彫刻シリーズ「肌」(2017年)で、有機的な存在感と手で触れるような皮膚感覚を呼び起こした北林加奈子(1990年生まれ)を紹介します。
7月28日[土] ~10月8日[月]
開催中

日比野克彦「HIBINO CUP」
【9月1日[土]受付開始】

アートとスポーツが一緒に楽しめる恒例のワークショップ。午前はチームごとに段ボールなどでゴールとボール、ユニフォームをつくり、午後にオリジナルのミニサッカーをして競い合います。親子やご友人同士でお楽しみいただけます。

10月8日[月]
募集中

霧の抵抗 中谷芙二子
中谷芙二子は、人工霧を用いた大気と呼応して変化する作品で知られるアーティストです。自然の霧と同じ大きさの粒径で噴霧される霧は、大気に呼応してダイナミックに動き、見る者を魅了します。中谷は、1970年の大阪万博で、初めて霧作品を発表しましたが、それから半世紀にわたり、世界各地で80作品以上を発表してきました。本展では、霧の新作と共に、中谷のこれまでの活動の資料を展示し、そこに込められた思想を紹介します。
10月27日[土] ~1月20日[日]
予告