オザワ部長『吹奏楽部バンザイ!! コロナに負けない』

2023年7月 初の舞台化

イラスト:hiko
水戸芸術館

水戸市民会館開館記念事業 水戸芸術館連携事業
アートで応援プロジェクトvol.2

オザワ部長『吹奏楽部バンザイ!! コロナに負けない』

更新情報

コロナ禍でもわずかな可能性を見つけ、
自分たちなりに未来を拓き、
新たな繋がりを手に入れた若者たちの物語

2020年初頭、突如世界を襲った新型コロナウィルス。大混乱に陥った日本社会。そんな中でも、自分たちらしい音楽活動を挑戦し続けた水戸女子高等学校吹奏楽部。

その道のりは厳しく困難に満ちたものでした。しかし、その努力は、願ったものとは違った形でしたが実を結び、それどころか新たな繋がりを生み出して行きました。

同時にこの行動は、多くの人たちへ勇気と感動を与えるだけでなく、若者自身が作り出す未来への期待も信じられるものになりました。

水戸芸術館は新しい水戸市民会館のオープニング企画としてこの物語を舞台化します。この舞台化は、地域の素晴らしい活動を顕彰し紹介するというだけでなく、この物語が人々に与える勇気と感動が、現代を生きる人々の行先を照らすナビゲーターになると確信するからです。

最強のスタッフと、次世代の才能たちと作る舞台版「吹奏楽部バンザイ‼」

本作の舞台化に当たっては、水戸市にゆかりのある強力なスタッフが揃いました。脚本には、前ACM劇場芸術監督 井上桂。国内初の宮崎駿原作作品(『最貧前線 宮崎駿の雑想ノートより』)の舞台化でも見せた感動のドラマ化の手腕には定評があります。演出には、深作健太。尊父・深作欣二が水戸出身という縁もあって、水戸芸術館で演出した音楽劇『夜のピクニック』(恩田陸 原作)の公演は、今もなお語り継がれる涙と感動の作品です。二人の初めてのタッグとなる本作の期待は、演劇界でも注目です。そしてこの作品にはフレッシュな高校生役が必要です。これは、広く公募して新しい世代の才能とタッグします。

公演概要

感動のノンフィクションストーリー「吹奏楽部バンザイ‼」

コロナ禍でも自分たちの夢を目指し頑張り続けた全国五つの吹奏楽部を描くオムニバス・ノンフィクション・ストーリー「吹奏楽部 バンザイ‼」。この一編が、茨城県水戸市にある水戸女子高等学校 吹奏楽部です。

自宅待機によるクラブ活動自粛、吹奏楽コンクールの中止という困難でもインスタライブをいち早く取り入れるなど、独自の演奏活動を模索した水戸女子高等学校吹奏楽部の努力は、やがて多くの注目を浴びることとなり、NHK Eテレの名物番組「沼にハマってきいてみた」と、NHK「みんなでエール」の特別コラボ番組に出演を果たし、全国にも知られることになりました。更に2021年、その活動はオザワ部長によりノベライズされました。発売と同時に日本中から多くの感動の声が届き、今もなおロングセラーとなっています。

原作:
オザワ部長『吹奏楽部バンザイ!! コロナに負けない』(ポプラ社刊)
脚本:
井上 桂
演出:
深作健太
日程:
2023年7月14日(金)~17日(月・祝)
劇場:
水戸市民会館中ホール
企画・制作:
水戸芸術館ACM劇場
共催:
水戸市民会館
主催:
公益財団法人水戸市芸術振興財団

出演者大募集!

2021年9月に上梓されたオザワ部長「吹奏楽部バンザイ‼」。コロナ禍での全国五校の吹奏楽部の活動を描いたノンフィクション・ストーリー。その水戸女子高等学校吹奏楽部の一編が、2023年水戸市に新設される水戸市民会館の開館記念事業公演として遂に舞台化されます。演出は水戸市にもゆかりの深い深作健太(「音楽劇「夜のピクニック」、上演台本は井上桂(「最貧前線 宮崎駿の雑想ノートより」)が、あの時悔しい思いをした全ての人に届ける青春の物語に取組む意欲作です。
この作品の上演に際し、物語の核となる吹奏楽部の女子生徒役を広く募集します。

詳細はこちら

メッセージ

  • 『吹奏楽部バンザイ!! コロナに負けない』舞台化によせて

    原作 オザワ部長

    メッセージ

  • 「吹奏楽部バンザイ‼ コロナに負けない」 舞台化に向けて

    企画・脚本 井上桂

    メッセージ

  • 演出家からのメッセージ

    演出 深作健太

    メッセージ

NEWS