English

コンサート

2020年10月31日(土)、11月1日(日) 両日 14:30開場 15:00開演

水戸芸術館開館30周年記念事業
水戸室内管弦楽団 第106回定期演奏会

音楽賛歌 ~Hymn to the Muses~

コロナ禍を乗り越えようと、MCOの弦の名手たちが、再びコンサートホールATMに集います。始まりは、音楽による静かな祈り、〈コル・ニドライ〉。チェロの若きヴィルトゥオーゾ・宮田大の独奏が、胸を打ちます。今年生誕250年を迎えたベートーヴェンの作品からは、情熱的な〈セリオーソ〉を。さらに、弦楽が最大11パートに分かれるストラヴィンスキーの〈ミューズを率いるアポロ〉で、MCOの精妙なアンサンブルをご堪能いただきます。
――音楽は素晴らしい! その感動をもう一度。


【曲目】
ブルッフ(フィードラー編曲): コル・ニドライ 作品47 (弦楽合奏版)
 チェロ独奏:宮田 大
ベートーヴェン(マーラー編曲):弦楽四重奏曲 第11番 ヘ短調 〈セリオーソ〉 作品95 (弦楽合奏版)
ストラヴィンスキー:ミューズを率いるアポロ


【出演メンバー(各パート五十音順)】
ヴァイオリン:会田莉凡、フェデリコ・アゴスティーニ、植村太郎、小栗まち絵、佐份利恭子、塩田脩、島田真千子、瀬川祥子、豊嶋泰嗣、双紙正哉、中島慎子
ヴィオラ:鈴木学、店村眞積、千原正裕、中村静香
チェロ:上村昇、辻本玲、原田禎夫、宮田大
コントラバス:池松宏、助川龍

宮田大

Dai Miyata

Violoncello

プロフィール

2009年、ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールにおいて、日本人として初めて優勝。これまでに参加した全てのコンクールで優勝。その圧倒的な演奏は、作曲家や共演者からの支持が厚く、世界的指揮者・小澤征爾にも絶賛され、日本を代表するチェリストとして、これまでに国内外のオーケストラ、著名な指揮者や演奏家と共演を果たす。スイスのジュネーヴ音楽院卒業、 ドイツのクロンベルク・アカデミー修了。チェロを倉田澄子、フランス・ヘルメルソンの各氏に師事する。演奏活動の他、国際チェロコンクールの審査員としても招聘されている。マスメディアでも「小澤征爾さんと音楽で語った日~チェリスト・宮田大・25歳~」「らららクラシック」「題名のない音楽会」「徹子の部屋」などへ出演している。録音活動も活発で2019年にはトーマス・ダウスゴー指揮、BBCスコッティッシュ交響楽団との共演による「エルガー:チェロ協奏曲」を日本コロムビアより発売。水戸室内管弦楽団団員。使用楽器は、上野製薬株式会社より貸与された1698年製A. ストラディヴァリウス“Cholmondeley”である。

閉じる

料金

S席5,000円 A席4,000円 B席3,000円 U-25(25歳以下)1,500 円
※予定枚数に達したため、販売を終了いたしました。キャンセル券が生じた場合、その都度 WEB・電話・窓口にて販売いたします。
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を行っており、定員を半数以下に限定いたします。

チケットの取扱い

窓口
水戸芸術館(9:30~18:00/月曜休館)エントランスホール内チケットカウンター
お電話
チケット予約センター TEL 029-231-8000
窓口
ヤマハミュージックリテイリング水戸店 店頭販売のみ (10:00~18:30/お問い合わせ 029-244-6661)
お電話
かわまた楽器店 029-226-0351 (9:30~18:00 電話受付/10:00~19:00 店頭販売)
WEB
e+(イープラス) http://eplus.jp (PC・携帯)

*未就学児はご入場いただけません。
*車椅子のお客様、盲導犬、介助犬同伴のお客様は、お座席へのスムーズなご案内のため、予約時にお知らせください。
*公演中止の場合を除き、一度購入されたチケットの払い戻し、交換等はお受けできません。

公演概要

公演名 水戸芸術館開館30周年記念事業
水戸室内管弦楽団 第106回定期演奏会
会場 コンサートホールATM
開催日 2020年10月31日(土)、11月1日(日) 両日 14:30開場 15:00開演
主催 公益財団法人水戸市芸術振興財団
協賛 株式会社アダストリア、水戸証券株式会社、(公財)げんでん ふれあい茨城財団、株式会社吉田石油、水戸京成ホテル
協力 全日本空輸株式会社
後援 茨城新聞社、水戸商工会議所
助成 文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
お問合せ

水戸芸術館(代表) TEL:029-227-8111