【重要なお知らせ】

ご来館の際には、「新型コロナウイルス感染症予防のお願い」をあらかじめご確認ください。

現代美術ギャラリーCONTEMPORARY ART GALLERY

  • 美術
  • 参加する
  • どなたでも

創作と対話のプログラム アートセンターをひらく 第Ⅰ期③カフェ 部活動毎日開催 ※休館日をのぞく

2019年3月2日(土)~5月6日(月・祝) 10:00〜18:00

  • 「高校生ウィーク2017」カフェ風景 2017
    撮影:佐藤理絵

  • 「書く。部」活動風景 2018
    撮影:川村麻純

2004年から毎年春に行ってきた「高校生ウィーク」の無料カフェを、本企画では多世代・多目的の場としてひらきます。カフェには家族で安心して過ごせるエリアやのびのび描けるお絵かきコーナー、そしてアーティスト関連書籍や推薦図書、裁縫・工作のための道具も常備。セルフサービスで利用できるコーヒーやお茶を飲みながら、思い思いの時間をお過ごしいただけます。また、滞在アーティストのアクティビティなど、カフェを舞台にさまざまな活動が起こります。さらに、3月16日よりワークショップ室を工房としてひらきます。

◯推薦図書
カフェの書籍の一部は茨城キリスト教学園中学校高等学校図書委員会をはじめとする中高生のみなさんが選書します。(4月上旬~)

部活動

プロフィール

2007年から「高校生ウィーク」内企画として始まった部活動「ブカツ@美術館」は、毎年若い世代と地域の大人やアーティスト、学芸員が一緒に自主的な活動を展開してきました。今年はより広い世代にひらき、次のラインナップで実施します。期間中、新規の部活動が始まる場合も!週末、ギャラリー内の部室にお立ち寄りください。
※参加者随時募集。要申込(ふぇいす・らぼは申込不要)。

閉じる

「書く。部」活動風景、2018 撮影:川村麻純

◯書く。部@図案室

プロフィール

本企画で起こるさまざまな出来事やイベントを参加者自身の言葉で発信する瓦版(仮)制作のプロジェクトです。

対象:高校生
顧問:市川寛也(東北芸術工科大学講師)、石井一十三、後藤桜子(ともに水戸芸術館現代美術センター)
※活動日時はお問い合わせください

閉じる

◯写真部「撮影を渡し、物語をつくる」

プロフィール

レンズ付きフィルム(簡易カメラ)をもって、撮影に出かけます。フィルムの半分は自分が、残りは別の人が撮影します。
できあがった写真には、それぞれどんな世界が映っているのかを見比べ、2人1組で作品をつくります。

4/6(土)、5/1(水・祝) 各日13:00~16:00
対象:高校生以上 ※両日とも参加できる方
定員:10名
顧問:松本美枝子(写真家)
部長:サユリニシヤマ(写真家)

閉じる

◯聴く部「体験に耳をすます」

プロフィール

音をはじめ、街を、言葉を、自身の心を「聴く」部。
今回は音にまつわる体験や記憶を共有し、それぞれの「思い入れのある音」を録音します。
その音を聴きながらディスカッションを重ね、それを元に各自CDと紙ジャケットをつくりギャラリー内に展示します。
1日目はレクチャーと対話 2日目はディスカッションと作品制作です。
一緒に少しずつ耳をひらいていきましょう。

3/10(日)、23(土) 各日13:00~15:30
対象:中学生以上 ※両日とも参加できる方
定員:10名
部長:白丸たくト(音楽家)
副部長:須藤和也、住谷美紀
持ち物:スマートフォン
    レコーダー(お持ちの方)

閉じる

○ふぇいす・らぼ「おりおりワークショップ」

申込不要

プロフィール

段ボール織りで作るブローチのワークショップです。1時間程度でかわいいブローチが完成しますよ♪お気軽にご参加ください。

3/23(土)11:30~16:00
4/4(木)10:00~15:00
※混雑時はお待たせすることがあります
対象:5歳以上(小学生以下は要保護者同伴)
参加費:200円

閉じる

◯ほかに、オルタナティ部、ギャラリートーカー等の活動を予定。

<部活動お申込方法>

プロフィール

件名を「アーセン応募」として、下記を本文に記入のうえ、
atmcac@arttowermito.or.jpまでお送りください。
①応募企画名 ②氏名 ③電話番号 ④在住市町村名 ⑤年代(30代など)
※お申し込みから5日経っても返信がない場合や、メールでのお申し込みが難しい場合は、029-227-8120までお電話ください

閉じる

開催情報

会場

水戸芸術館 現代美術ギャラリー

開催日

2019年3月2日(土)~5月6日(月・祝)

開催時間

10:00〜18:00

お問合せ

水戸芸術館(代表) TEL:029-227-8111

関連プログラム