チケット

【重要なお知らせ】

施設案内Facility Information

水戸芸術館

水戸芸術館は、水戸市制百周年を記念する高さ100mの塔をシンボルとし、コンサートホール、劇場、現代美術ギャラリーの3つの専用空間で構成された複合文化施設です。

コンサートホールATM

クラシック音楽の演奏に適した理想的な響きを持つホール。 
小澤征爾氏を総監督に迎えた専属楽団「水戸室内管弦楽団(MCO)」定期演奏会をはじめ、様々なコンサートを行っています。

ACM劇場

どの席からも俳優の細かい表情までわかるよう設計された劇場。
古今東西の名作やミュージカルのほか、古典芸能の振興、さらには地域に根ざした演劇の育成を目指して、様々な事業を行っています。

現代美術ギャラリー

大きさや光の状態が異なる9つの展示室からなるギャラリー。 
現代美術の発信基地として国内外から注目を集めています。 

水戸芸術館のシンボルとして建てられた塔は、水戸市制100周年を記念して高さ100m。 内部には円形ガラス張りのエレベーターがあり、地上86メートルの展望室まで昇ることができます。 

エントランスホール

芸術館を訪れる人のための共通の玄関ロビー。 吹き抜けの空間にはパイプオルガンが設置され、週末の昼に無料のコンサートを行っています。

広場/カスケード

街の中の憩いの広場。フリーマーケットや野外コンサート、夜間はシンボルタワーをイルミネーションで彩る水戸芸術館ライトアッププロジェクトなど、様々なイベントが楽しめます。 

ミュージアム・ショップ
コントルポアン

現代美術ギャラリーの展覧会カタログ、芸術館オリジナルのポストカード・ポスターはもちろん、芸術館で開催されるイベントの関連書籍やCD、独自のセンスで選ぶアクセサリーや小物類など、おしゃれな商品でいっぱいのお店です。

中国料理レストラン「チャイナテラス五軒」

『中国料理美虎』オーナーシェフ五十嵐美幸氏プロデュースの、食材本来の旨味を生かした健康的で美味しいお料理を提供しています。

ラウンジ - サザコーヒー水戸芸術館店

サザコーヒーは、茨城県ひたちなか市に本社を構えるコーヒー店で、コロンビア直営農園を開設しており、買い付け、焙煎、抽出まで、原料にこだわりぬいたおいしいコーヒーを提供しています。

会議場

敷地の南西の角に位置する会議場は、メインのエントランスホールを通過しないで入ることができる独立した施設です。最大席数78席の会議場は主にシンポジウム、講演会等の用途で使用されます。

水戸市営駐車場

水戸芸術館地下に「水戸市五軒町駐車場」がございます。(芸術館の利用による料金免除や割引などはありません。)217台収容。30分まで無料、1時間まで200円、以降30分ごとに100円 1日上限700円

写真スライドショー

水戸芸術館紹介ムービー

施設概要

名称
水戸芸術館(Art Tower Mito)
所在地
〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8
設計期間
昭和61年(1986年)12月~昭和63年(1988年)2月
施工期間
昭和63年(1988年)3月~平成2年(1990年)2月
建築主
茨城県水戸市
設計
磯崎新アトリエ
主体構造
鉄骨造(塔)、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
敷地面積
13,259.90㎡
地域・地区
商業地域、準防火地域
建築面積
6,873.91㎡
床面積
16,138.34㎡
階数
地下2階、地上4階
施設
コンサートホール 620席~680席
劇場
472席~636席
リハーサル室
3室
展示室
9室 壁面長285m
会議場
78席
100m 展望室86.4m
レストラン
ミュージアムショップ
(運営委託)
地下駐車場
217台 市営五軒町駐車場
営業時間 7:00~23:00
料金 30分まで無料、1時間まで200円、以下30分ごとに100円
総事業費
10,355,842千円
建設経緯
水戸市立五軒小学校が、敷地狭隘のために移転した跡地に市制100周年記念施設として建設された
開館日
平成2年(1990年)3月22日
館長
小澤征爾 (初代館長 吉田秀和)
管理主体
公益財団法人水戸市芸術振興財団(理事長:森英恵)
設立
昭和63年(1988年)3月31日
基金
1億円(水戸市全額出捐)
水戸市は、水戸市芸術振興財団を指定管理者として指定し、芸術館の管理運営を委託している。
担当:文化交流課
使用料
貸し館はしないので使用料の規定はない。