演劇部門の取組み
ACM劇場

ご挨拶

劇場に行くって、ちょっとした小冒険です。ちょっとよそ行きの服を着て、ちょっと背伸びして、ちょっと身構えて、そしてドキドキして。その冒険には摩訶不思議な効能があって、どこか遠くの物語なのに自分のことのように泣いたり笑ったり、時に心豊かにしてくれます。見た人だけが語れる伝説の目撃者となってしまうことすらあるのです。
いろんな冒険のやりかたがあるように、舞台作品も無数のバリエーションがあります。だから、デパートのように色々なメニューをとり揃えました。必ずあなたのお気に入りが見つかるはずです。ちょっと覗きに来てください!

水戸芸術館演劇部門
芸術監督 井上桂

演劇部門について

芸術監督および専任の制作スタッフ(学芸員)が、質の高い優れた舞台公演を企画・制作しています。当劇場独自のプロデュース公演をはじめ、古今東西の名作やミュージカル、伝統芸能まで多彩な演目を上演するほか、地域ゆかりのアーティストを支援する取組みや、子どもからシニアまで参加できるスクールプログラムなども行っています。

●多彩な自主企画

名作からミュージカル、
伝統芸能まで幅広く

●創作体験・学びの場

子どもにも大人にも
演じる喜びを

●地域の人々との連携

地域の若い才能を
積極的に支援

専属劇団の運営