コンサートホール ATMCONCERT HALL ATM

  • 音楽
  • エントランス
  • 公演
  • 発売中

ルドルフ・ルッツ オルガン・リサイタル

2019年8月9日(金) 18:30開場 19:00開演

即興的に演奏することを、ドイツ語ではfantasieren(ファンタジーレン)ということがある。
およそバロック時代以降、オルガニストには、優れた音楽性に加えて卓越した即興演奏の技が求められた。それは当時の彼らの主な活動の場が教会であり、中でもオルガンが重視されていたルター派の教会では、オルガニストは礼拝にあわせて自在に音楽を展開させる必要があったからだ。例えば名オルガニストでもあったバッハは、ひとつの讃美歌のメロディをあらゆるスタイルで即興的に展開し、人々を魅了した。即興演奏は、持てる知識や霊感をもとに内面のファンタジーを羽ばたかせる、粋な聴かせどころだったのだ。
その後、オルガニストの活動の場は教会以外にも広がったが、今日でも即興演奏の伝統は脈々と息づいている。その中で「即興の魔術師」として名高いのがスイスのオルガニスト、ルドルフ・ルッツだ。まるで魔法のような音楽の紡ぎ方、汲めども尽きぬ泉のように豊かな着想で各国の聴衆を魅了している。今回取り上げられるのは、バッハのオルガン曲で最も有名な〈トッカータとフーガ ニ短調〉や〈無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番より“シャコンヌ”〉など、オルガンやその他の楽器のためにバッハが書いた名曲中の名曲ばかり。その演奏の第一人者であるルッツが、無数のパイプを生き生きと歌わせ、音の大伽藍ともいうべき巨匠の作品に命を吹き込むだろう。また会場のお客様とのやりとりを通じて、有名なメロディが様々なスタイル(マーチ、タンゴ、ワルツなど…)で演奏される、観客参加型のコーナーもある。
 バッハの精緻な小宇宙を、そして遊び心たっぷりに紡ぎ出される生まれたての音楽を、ぜひお楽しみいただきたい。


【曲目】
J.S.バッハ: 前奏曲とフーガ ハ長調 BWV 545
即興演奏
J.S.バッハ:〈おお人よ、汝の大いなる罪に泣け〉BWV622 
J.S.バッハ:イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971 より第1楽章 アレグロ
J.S.バッハ:パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV 582
----intermission----
J.S.バッハ:トッカータとフーガ ニ短調 BWV 565
即興演奏
J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番〈G線上のアリア〉BWV 1068
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 ニ短調BWV1004より アルマンド、シャコンヌ

ルドルフ・ルッツ

Rudolf Lutz

Organ

プロフィール

ルドルフ・ルッツ(1951年~)は、バーゼル・スコラ・カントルムで歴史的即興演奏法、バーゼル音楽院では通奏低音を教授している。1998年~2008年には、チューリッヒ音楽大学で修辞学を指導した。リヨン国立高等音楽院にも客員講師として招かれている。
ヴィンタートゥール、チューリッヒ、ウィーンで音楽教育を受け、オルガンをジャン=クロード・ツェンダー、アントン・ハイラー、ピアノをクリストフ・リースケ、指揮をカール・エスターライヒャーに師事。
1973年、ザンクト・ガレンの聖ロレンツォ教会のオルガニストに就任。1986年よりザンクト・ガレン室内アンサンブルのリーダーを務め、1986~2008年にはザンクト・ガレン・バッハ合唱団のリーダーも兼務した。
ルッツはコンサートやワークショップで、歴史的即興演奏法のエキスパートとして活躍している。また、定期的に伴奏ピアニスト、チェンバロ奏者、作曲家としても活躍している。2002年にはオラトリオ〈イングリッシュ・クリスマス〉を作曲し、ザンクト・ガレンの聖ロレンツォ教会で初演し、高い評価を受けた。
2007年秋にはバッハ・アルヒーフ・ライプツィヒが主催した国際会議「フェリックス・メンデルスゾーン=バルトルディと同時代のヨーロッパ・オルガン文化」に講師、即興演奏者として招かれた。2007年と2009年、アンスバッハで開催されている名高いバッハ音楽週間に、即興演奏のコンサートで招かれた。
2006年、J.S.バッハ財団の芸術監督に就任し、演奏団体スコラ・セコンダ・プラティカ(アンサンブル&合唱団)を率いて、バッハの合唱作品全曲演奏に取り組んでいる。
日本へは2011年に初来日して以来、2012,13,14,15、16年と毎年訪れており、公演やマスタークラスを行い、いずれも大変な好評を博している。2015年夏には、ミューザ川崎シンフォニーホールでの“フェスタ・サマー・ミューザ”に出演、ジャズピアニスト佐山雅弘氏との即興演奏は絶賛を博し、16年に続き17年7月にはパーカショニストはたけやま裕氏を加えてのトリオも披露した。

閉じる

公演概要

会場

エントランスホール

開催日

2019年8月9日(金) 18:30開場 19:00開演

チケット情報

料金

【全席指定】A席3,000円 B席2,000円 U-25(25歳以下・要身分証提示)1,000円 ※未就学児入場不可

チケット発売日

一般発売

2019年5月25日 9:30〜
※U-25チケットの取り扱いは水戸芸術館のみ

先行予約 財団運営維持会員

2019年5月21日 9:30〜
※電話予約のみ

先行予約 水戸芸術館メンバーズ

2019年5月22日 9:30〜
※電話・Web(要登録)のみ

チケットの取扱い

窓口
エントランスホール内チケットカウンター(営業時間 9:30〜18:00/月曜休館)
お電話
チケット予約センター TEL: 029-231-8000 (営業時間 9:30〜18:00/月曜休館)
窓口
ヤマハミュージックリテイリング水戸店 TEL: 029-244-6661(店頭販売のみ)
お電話
かわまた楽器店 TEL: 029-226-0351
WEB
e+(イープラス) http://eplus.jp(PC・携帯)

*未就学児はご入場いただけません。
*車椅子のお客様、盲導犬、介助犬同伴のお客様は、お座席へのスムーズなご案内のため、予約時にお知らせください。
*公演中止の場合を除き、一度購入されたチケットの払い戻し、交換等はお受けできません。

お問合せ

水戸芸術館(代表) TEL:029-227-8111