【重要なお知らせ】4月3日(金)より臨時休館のお知らせ
【4月1日以降に開催を予定していた中止公演のチケット払い戻し】のお手続きについて
【3月31日までに開催を予定していた中止・延期公演の払い戻し】のお手続きのご案内

コンサートホール ATMCONCERT HALL ATM

  • エントランス
  • 中止
  • 入場無料
  • 音楽
  • どなたでも

パイプオルガン・プロムナード・コンサート 2020年1月~3月※新型コロナウイルスに対する感染拡大防止のため、2月29日(土)と3月7日(土)の公演は中止とさせていただきます

2020年1月5日(日)〜2020年3月7日(土) 

週末のひととき、気軽にお聴きいただけるコンサートです。エントランスホールに響く多彩なパイプオルガンの音色をお楽しみください。

1月5日(日)13:00~13:45 ★新春スペシャル 三上郁代

J. S. バッハ(イゾワール編曲):カンタータ 第29番より シンフォニア
J.S.バッハ: 古き年は過ぎ去りぬ BWV 614
      汝にこそわが喜びあり BWV 615
J.S.バッハ:いと高きにいます神にのみ栄光あれ BWV 662
J.S.バッハ:ピエス・ドルグ BWV 572
サン=サーンス(ギルマン編曲):白鳥
エルガー:オルガン・ソナタ 第1番 Op.28 より IV.プレスト

三上郁代

Ikuyo Mikami

オルガン

プロフィール

大阪府出身。東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了。卒業時に同声会賞を受賞し、同声会新人演奏会に出演。フランスに留学しトゥールーズ地方音楽院及びカン地方音楽院で学び、オルガンを満場一致の成績で修了、チェンバロ、通奏低音のDEM (Diplôme d’Etudes Musicales)を取得。
2011年オーディションに合格し、ミューザ川崎シンフォニーホール・アドバイザー松居直美企画 フランツ・リスト バースデー・コンサートに出演。15年9月、ロシアのカリーニングラードで行われた第9回ミカエル・タリヴェルディエフ国際オルガンコンクールにて、コンクール史上初めて第一位とミカエル・タリヴェルディエフ作品最優秀演奏特別賞を同時受賞、また最優秀ドイツ作品演奏者に贈られるE. T. A. Hoffmann特別賞を受賞。同年10月にはフランス、ビアリッツで行われたアンドレ・マルシャル国際オルガンコンクールにて優勝、優れた現代作品演奏者に贈られるGiuseppe Englert Memorial Prizeを受賞。17年、第29回St Albans国際オルガンコンクールでは3人のファイナリストに選ばれた。18年度上期野村財団奨学生。これまでにオルガンを大塚直哉、秀村知子、今井奈緒子、廣江理枝、ヤン・ヴィレム・ヤンセン、ミシェル・ブヴァール、エルワン・ル・プラドに、チェンバロを大塚直哉、鈴木雅明、ヤン・ヴィレム・ヤンセン、康子・ブヴァール、ステファン・ベシーに、通奏低音を椎名雄一郎、ブリス・サイー、エヴァ・デル・カンポに師事。日本以外にもフランス、オランダ、チェコ、ラトビアで演奏会を行い、また通奏低音奏者としてもコンサートに参加している。現在横浜みなとみらいホール ホールオルガニスト・インターンシップ・プログラム第18期生。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。

閉じる

1月11日(土)11:00~11:30/12:30~13:00 佐藤初音

J.S.バッハ:汝にこそ我が喜びあり BWV615
ブラームス:おお、まことの慈しみ満てる神よ
J.S.バッハ:トリオ・ソナタ 第3番 ニ短調 BWV527
サン=サーンス:幻想曲 変ホ長調

佐藤初音

Hatsune Sato

オルガン

プロフィール

東洋英和女学院中学部在学中にオルガンを始め、東京藝術大学オルガン専攻卒業。現在同大学院修士1年過程在学中。これまでにオルガンを河野和雄、徳岡めぐみ、通奏低音を椎名雄一郎、チェンバロを廣澤麻美に師事。日本基督教団大宮教会オルガニスト。

閉じる

2020年1月19日(日) 12:00~12:30/13:30~14:00 プロムナード・コンサート EXTRA 渡邉真亜子(ピアノ)

ショパン:ワルツ第1番 変ホ長調 作品18 〈華麗なる大円舞曲〉
グリンカ(バラキレフ 編曲):《ペテルブルクへの別れ》 より 〈ひばり〉
リスト:愛の夢 第3番 S.541-3
ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 作品60

「プロムナード・コンサート EXTRA」は、「パイプオルガン・プロムナードコンサート」と同じく、エントランスホールで行う無料コンサートのシリーズです。パイプオルガン以外の様々な器楽や声楽をとりあげます。

渡邉真亜子

Maako Watanabe

ピアノ

プロフィール

茨城県結城市出身。5歳よりピアノを始める。茨城県立水戸第三高等学校音楽科卒業。桐朋学園大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業。同大学研究科修了。これまでに、川村聡子、豊田あい子、高木茉莉、干野宜大、三上桂子、各氏に師事。第2回東関東学生ピアノコンクール最優秀賞。第5回ヨーロッパ国際ピアノコンクール in Japan 一般・大学生部門銅賞。第6回東京ピアノコンクール大学生部門第3位。「茨城の名手・名歌手たち 第23回」出演。第42回茨城県新人演奏会出演、並びに新人賞受賞。現在、ソロやコンクールの伴奏ピアニストとして活動。また、ドラマでの演奏シーンの吹き替え、演技指導を担当する。合唱団「ensemble LEMON」専属ピアニスト。茨城県立水戸第三高等学校音楽科非常勤講師。

閉じる

さらに詳しく

2月9日(日)13:00~13:30 尾崎麻衣子

ヴィドール:オルガン交響曲 第6番 から 第1、2、3、5楽章

尾崎麻衣子

Maiko Ozaki

オルガン

プロフィール

福岡県出身。航空管制官として勤務する傍ら、パイプオルガンに出会い、魅了される。2016年東京芸術大学音楽学部オルガン専攻入学。現在学部4年在学。オルガンを、廣野嗣雄、徳岡めぐみに師事。ジャン=フィリップ・メルカールト、松居直美による所沢ミューズパイプオルガンスクール受講。16年第32回白川イタリアオルガン音楽アカデミーにて白川賞受賞。

閉じる

2月15日(土)12:30~13:00/13:30~14:00 甲斐弦也

J.S.バッハ: ピエス・ドルグ(幻想曲) ト長調 BWV572
モーツァルト: 自動オルガンのためのアンダンテ ヘ長調 KV616
シューマン: ペダル付きピアノのための6つのカノン風練習曲集 作品56 より 第4曲 心をこめて
ギルマン: オルガン・ソナタ 第1番 ニ短調 作品42 より 第3楽章 フィナル 

甲斐弦也

Genya Kai

オルガン

プロフィール

国立音楽大学ピアノ科、武蔵野音楽大学大学院オルガン科修了。ハイデルベルク教会音楽大学演奏家養成及びソリストコースを最優秀の成績で修了。2000年「静岡の名手たち」オーディションに合格。04年フィリップ・ヴォルフルム国際オルガンコンクールファイナリスト、及び06年シャルトル国際オルガンコンクールセミ・ファイナリスト。現在は、ハイデルベルク・カペレ教会等複数の教会でオルガニストをつとめ、コレペティートルとしても活躍している。また、数多くの教授陣によるマスタークラスに参加し、研鑽を積んでいる。ピアノを小林恵子、小川尚子、市野秀美、谷康子、福森湘、池澤幹男、マルティン・スミスに、オルガンを吉田實、藤枝照久、マルティン・ザンダー、ジグモント・サットマリーに、オルガン即興をシュテファン・ゲッテルマン、ゲルハルト・ルフターハントに師事。日本オルガニスト協会会員。ドイツ在住。

閉じる

2月29日(土)13:00~13:30 安井歩 (中止)

※新型コロナウイルスに対する感染拡大防止のため、本公演は中止とさせていただきます

マック: レ・ファ・ミ・ソによるカプリッチョ
クープラン: 修道院のミサより クロモルヌをテノールに 
J.S.バッハ: パッサカリア ハ短調 BWV 582

© Mitsune Uchida

安井歩

Ayumu Yasui

オルガン

プロフィール

1995年生まれ、兵庫県出身。5歳よりピアノを始め、神戸松蔭女子学院大学にて開催されていた18歳未満のためのオルガン・チェンバロ講座をきっかけに10歳よりオルガンを始める。いずみホール/バッハ・アルヒーフ・ライプツィヒ共同企画、ジャン=クロード・ツェーンダー・マスタークラス最優秀受講生に選ばれ、第15回大阪いずみホール夢コンサートに出演。これまでにオルガンを大塚直哉、廣江理枝、椎名雄一郎、チェンバロを廣澤麻美、即興演奏を近藤岳、ピアノを橘美恵、瓜谷未佳子、長尾洋史、菅野雅紀に師事。兵庫県立川西緑台高等学校数理探求類型、東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻を経て、同大学大学院音楽研究科器楽科オルガン専攻修士2年次に在籍。単立亀有キリスト福音教会音楽主事、立川福音自由教会・日本基督教団代官山教会・MB石橋キリスト教会・立教学院聖パウロ礼拝堂チャペル会衆オルガニスト。東京ムジーククライス常任稽古ピアニスト。また、演奏だけにとどまらずオルガンの建造、メンテナンスにも興味をもち、須藤オルガン工房にて契約社員として研鑽を積んだ。

閉じる

3月7日(土)12:00~12:30/13:30~14:00 加藤慶子 (中止)

※新型コロナウイルスに対する感染拡大防止のため、本公演は中止とさせていただきます

J.S.バッハ:トッカータとフーガ ヘ長調 BWV540 ほか

加藤慶子

Keiko Kato

オルガン

プロフィール

東京都出身。東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻4年在学。
恵泉女学園中学校在学中にオルガンを始め、これまでにオルガンを廣江理枝、通奏低音を椎名雄一郎、即興演奏を近藤岳、ピアノを本多昌子、津島圭佑、チェンバロを廣澤麻美に師事。東京藝術大学バッハカンタータクラブメンバー。日本オルガニスト協会学生会員。

閉じる

公演概要

会場

エントランスホール

開催日

2020年1月5日(日)〜2020年3月7日(土) 

1月5日(日) 11(土) 2月9日(日) 15日(土) 29日(土) 3月7日(土)
11:00
12:00
12:30
13:00
13:30

●…30分公演  ○…45分公演

★1月5日(日)13:00~13:45 新春スペシャル 演奏:三上郁代
★3月14日(土) 13:00~14:20 市民のためのオルガン講座 受講生による発表会

料金

入場無料

お問合せ

水戸芸術館(代表) TEL: 029-227-8111