チケット

【重要なお知らせ】

コンサートホール ATMCONCERT HALL ATM

  • コンサートホールATM
  • 近日発売
  • 音楽
  • 公演

パトリツィア・コパチンスカヤ ヴァイオリン・リサイタルピアノ:ヨーナス・アホネン

2023年3月21日(火・祝) 14:30開場・15:00開演

自由への切なる願いとともに
コパチンスカヤ、水戸芸術館初登場


パトリツィア・コパチンスカヤの故郷は、旧ソ連の南西に位置するルーマニア語圏の共和国モルドヴァ。ツィンバロム奏者で民俗楽団を率いていた父、その楽団でヴァイオリンを弾いていた母のもと、幼いパトリツィアは村々を旅しながら音楽に包まれて育った。しかし、「鉄のカーテン」の時代、ストラヴィンスキーでさえモダンに過ぎると見なされていたため、西側の現代音楽を知ることはなかった。

KGBに危険視されていたという父が一家を連れウィーンに脱出したのが、コパチンスカヤが13歳の時。新しい空気を胸いっぱいに吸い込み、表現の自由、思想の自由、学問の自由を得た。そして、新ウィーン楽派の音楽と出会う。コパチンスカヤにとって、シェーンベルクやウェーベルンの音楽は、今やクラシック界のトップスターまで登り詰めた自身の出発点に位置するだけでなく、自由を象徴するような魂の音楽なのである。

今回のプログラムで、新ウィーン楽派とともに弾かれるのは、ベートーヴェンのソナタ2曲。盟友ヨーナス・アホネンとともに、コパチンスカヤはベートーヴェンの音楽が持つ闘争の精神を現代によみがえらせる。それは、この苦難の時代に真の自由を勝ち取らんとする、壮絶な響きになるかも知れない。



【曲目】
シェーンベルク:幻想曲 作品47
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第7番 ハ短調 作品30の2
ウェーベルン:4つの小品 作品7
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第9番 イ長調 作品47〈クロイツェル〉


© Marco Borggreve

パトリツィア・コパチンスカヤ

Patricia Kopatchinskaja, Violin

ヴァイオリン

プロフィール

モルドヴァ生まれ。2021/22シーズンはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、バーミンガム市交響楽団のアーティスト・イン・レジデンスを務めるほか、ブダペスト祝祭管弦楽団とのツアー、トロント交響楽団、フィンランド放送交響楽団、マンチェスター・カメラータの演奏会などに出演。カメラータ・ベルンとのアーティスティック・パートナーの関係も継続している。
 コパチンスカヤは、現存の作曲家ルカ・フランチェスコーニ、ジェルジュ・クルターグ、マルトン・イレシュらの作品を積極的に取り上げているほか、「怒りの日」「バイバイ・ベートーヴェン」といった舞台作品や、ドイツのダダイスト、クルト・シュヴィッタースの詩に基づいた映像作品「ウルソナタ(原ソナタ)」など、革新的な作品を紹介・制作し続けている。
 最近、自らシュプレヒシュティンメ(声パート)を務め、欧州各地での公演が話題をさらったシェーンベルク〈月に憑かれたピエロ〉のほか、カメラータ・ベルン、ソル・ガベッタ(チェロ)との共演による「照らし出された快楽」、ヨーナス・アホネン(ピアノ)との共演による「ジョージ・アンタイルの見た世界」などのCDをリリース。セントポール室内管弦楽団との共演による「死と乙女」は、2018年グラミー賞を受賞。また、イル・ジャルディーノ・アルモニコとの共演による「What’s next Vivaldi」は2021年秋、Opus Klassik賞を受賞。
https://en.patriciakopatchinskaja.com/

閉じる

© Nikita Chuntomov

ヨーナス・アホネン

Joonas Ahonen, Piano

ピアノ

プロフィール

フォルテピアノによる18世紀後期作品の演奏から、現代作品の世界初演まで幅広い音楽的関心を持ち、現代曲の代表的な演奏団体のひとつでもあるクラングフォルム・ウィーンや、ピリオド楽器を用いて古典派やロマン派の作品を演奏するロードベリ三重奏団のメンバーとして活躍。
 ソリストとしても、ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団、フィンランド放送響楽団、BBC交響楽団等と共演。近年では、バーゼル・シンフォニエッタとウンスク・チンのピアノ協奏曲を世界初演したほか、テオドール・クルレンツィスが主宰するディアギレフ・フェスティバルでは、リサイタルのほかに、フィリップ・マインツのピアノ協奏曲を演奏した。
 パトリツィア・コパチンスカヤとは、ロッケンハウス音楽祭やウィーン・コンツェルトハウス、ミラノ・スカラ座など、世界各地で演奏を行っている。
 BISレーベルより数多くの録音を行っており、BIT20とのリゲティのピアノ協奏曲や、アイヴズのピアノ・ソナタを収録した2枚組などが発売されているほか、最近ではアルバ・レコードから、メンデルスゾーン姉弟による三重奏作品をピリオド楽器で演奏したCDをリリースしている。
https://joonasahonen.com/

閉じる

公演概要

会場

コンサートホールATM

開催日

2023年3月21日(火・祝) 14:30開場・15:00開演

【新型コロナウイルス感染症拡大防止に関するお客様へのお願い】

・新型コロナウイルス感染症の再拡大など、状況の悪化により内容の変更や公演の中止または延期を余儀なくされる場合もございますので、最新情報は当館ウェブサイトやSNSにてご確認ください。
・入館時の検温にご協力お願いいたします。37.5度以上の熱があった場合はご入場をお控え願います。
・館内ではマスクの着用をお願いいたします。
・まわりの方とは距離をおとりください。
・体調がすぐれないお客様はご来場をお控えください。
・手洗いと手指の消毒にご協力ください。
・出演者とのご面会はご遠慮いただきます。また、出演者への花束やプレゼントはスタッフがお預かりいたします。

チケット情報

料金

【全席指定】:一般 6,000円 U-25(25歳以下)2,000円
※未就学児入場不可

【U-25チケットについて】
・25歳以下の方が対象のお得なチケットです(未就学児不可)。
・ご購入いただきましたご本人様のみご利用可能です。
・ご入場の際には、年齢を証明するものが必要となります。
・取り扱いは水戸芸術館のみとなります。

チケット発売日

一般発売

2022年12月17日 9:30〜
※会員先行予約がありますので、一般発売日の時点で水戸芸術館取り扱い分が終了している場合があります。

先行予約 運営維持会員

2022年12月13日 9:30〜
※電話・Web予約のみ

先行予約 水戸芸術館メンバーズ

2022年12月14日 9:30〜
※電話・Web予約のみ

チケットの取扱い

窓口
水戸芸術館 エントランスホール内チケットカウンター(営業時間 9:30〜18:00/月曜休館)
お電話
水戸芸術館 チケット予約センター TEL: 029-231-8000 (営業時間 9:30〜18:00/月曜休館)
窓口
ヤマハミュージックリテイリング水戸店 TEL: 029-244-6661(店頭販売のみ)
お電話
かわまた楽器店 TEL: 029-226-0351
WEB
e+(イープラス) http://eplus.jp (PC・携帯)

*公演の内容、曲目等は、変更になる場合がございます。
*未就学児はご入場いただけません。
*車椅子のお客様、盲導犬、介助犬同伴のお客様は、お座席へのスムーズなご案内のため、予約時にお知らせください。
*公演中止の場合を除き、一度購入されたチケットの払い戻し、交換等はお受けできません。

お問合せ

水戸芸術館(代表) TEL:029-227-8111