チケット

【重要なお知らせ】

コンサートホール ATMCONCERT HALL ATM

  • コンサートホールATM
  • 予定枚数終了
  • 延期
  • 音楽

シリーズ:ベートーヴェン~時空を超えて~ Vol.5
ブルーノ=レオナルド・ゲルバー ピアノ・リサイタル本公演は延期とさせていただきます。

2021年3月28日(日)※4/17(土)に延期させて頂きます 14:15開場、15:00開演

【公演延期と払い戻しについてのご案内】

2021年3月28日(日)に開催を予定していた標記公演は、日本国政府による緊急事態宣言に伴う入国制限の影響により、下記の日程に延期して開催することとなりました。何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。

なお、今後の新型コロナウイルスに関する状況によっては、更なる変更が生じる可能性がありますことをご容赦ください。

ブルーノ=レオナルド・ゲルバー ピアノ・リサイタル
【振替公演日程】2021年4月17日(土)15:00開演(14:15開場)

【会場】水戸芸術館コンサートホールATM
【プログラム】当初の内容から変更はございません

3月28日公演のチケットをすでにお持ちの方は、そのままのチケットで振替公演にご入場いただけます。振替公演当日にご持参くださいますようお願い申し上げます。

また、残席のチケットやキャンセル券が生じた場合は都度、WEB・電話・窓口にて販売致します。

>チケットの払い戻し方法はこちらをご確認ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
半世紀の友情

 「稀有な天分にめぐまれ、音を通じてすべての輝きと優しさをつくり出す音楽家・・・すでに成熟した音楽家であることにまったく賛成なのだが、しかし、ピアニストの世界には、そのまたさきに一つの世界があることを、ごく少ないにしろ、何人かの巨匠の老年を通じて知らされたからである。そうして、ゲルバーはそこにいたる道を歩いているのではないかと予感さすのだ。(吉田秀和「今日の演奏と演奏家」より 音楽之友社刊、1970年)」

 吉田秀和初代水戸芸術館館長は、当時まだ30歳手前のゲルバーの演奏をレコードで聴き感銘を受け、上掲の評論を執筆し、この天才ピアニストを日本に紹介した。ゲルバー氏はこの評論を知り、吉田初代館長に心から感謝したという。それ以来、両者の親交は深められていく。

 その吉田初代館長の評論から50年以上の歳月が経ち、ゲルバー氏は80歳の誕生日を今年の3月に迎えようとしている。ゲルバー氏は、日本での演奏はこれが最後になるであろうと考えている。そして、その最後の日本ツアーでは、ぜひ、吉田秀和氏ゆかりの水戸芸術館であらためて演奏を行いたいという、当館にとってたいへん光栄な要望が寄せられた。新型コロナウイルス感染症が世界各地で猛威をふるう中、日本への渡航には大きなリスクが考えられるにも関わらず、ゲルバー氏は、並々ならぬ決意で日本ツアーに臨もうとしている。

 吉田秀和初代館長とゲルバー氏の半世紀にわたる友情が、奇跡のコンサートとなって結実する。


【曲目】
ベートーヴェン:
ピアノ・ソナタ 第3番 ハ長調 作品2の3
ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 作品13 “悲愴”
ピアノ・ソナタ 第15番 ニ長調 作品28 “田園”
ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 作品57 “熱情”

ブルーノ=レオナルド・ゲルバー

Bruno Leonardo Gelber, Piano

ピアノ

プロフィール

オーストリア、フランス、イタリアの血を引く音楽家の両親のもとにアルゼンチンに生まれる。3歳半で母からピアノの手ほどきを受ける。5歳でアルゼンチンでの初めての公開演奏を行う。しかし、7歳の時、重い小児麻痺にかかり、1年以上まったく寝たきりの生活を送ったが、両親はベッドの上でも弾けるようにピアノを改造し、ゲルバー少年は練習を続けることができた。
 15歳の時、ロリン・マゼール指揮の下、シューマンの協奏曲を演奏してゲルバーの名は南米中に知れ渡った。19歳でパリに留学。彼の演奏を聴いたマルグリット・ロンは「あなたは私の最後の、しかし最高の生徒になるでしょう」と語った。彼女からロン=ティボー国際コンクールへの出場を勧められ、第3位に入賞したが、彼こそ優勝にふさわしいとする聴衆とマスコミの間で大いに物議を醸した。
 これを契機にヨーロッパ各地で演奏活動を開始し、以後、リサイタルやオーケストラとの共演で華やかな活動を繰り広げることとなった。これまでに延べ4500回以上の演奏を行なっている。
 指揮者のアンセルメとセルが彼の活動を支援し、チェリビダッケ、テンシュテット、マズア、ハイティンク、デュトワ、マゼール、ロストロポーヴィチ、シャイー、エッシェンバッハ、サロネンなど、多くの著名な指揮者と共演。また、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団、ロンドン交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニックなどのオーケストラと共演している。
 レコーディングも世界的に高い評価を得ており、フランス・ACCディスク大賞を2回とADFディスク大賞を受賞している。
 ピアニストのアルトゥール・ルービンシュタインはゲルバーを「彼の世代で最も偉大なピアニストの一人」と称えた。また、フランスのディアパソン誌は、ゲルバーを20世紀の最も偉大な百人のピアニストの一人に選んでいる。
 水戸芸術館では、1992年と2008年にリサイタルを行い、水戸室内管弦楽団とは第18回定期演奏会(1994年)、第25回定期演奏会(1996年)、第64回定期演奏会(2005年)で共演、多くの聴衆を魅了した。今回は、水戸芸術館での13年ぶりのリサイタルとなる。

閉じる

公演概要

会場

コンサートホールATM

開催日

2021年3月28日(日)※4/17(土)に延期させて頂きます 14:15開場、15:00開演

新型コロナウイルス感染拡大防止に関するお客様へのお願い

・新型コロナウイルス感染症の再拡大など、状況の悪化により内容の変更や公演の中止または延期を余儀なくされる場合もございますので、最新情報は当館ウェブサイトやSNSにてご確認ください。
・入館時の検温にご協力お願いいたします。37.5度以上の熱があった場合はご入場をお控え願います。
・館内ではマスクの着用をお願いいたします。
・まわりの方とは距離をおとりください。
・体調がすぐれないお客様はご来場をお控えください。
・手洗いと手指の消毒にご協力ください。
・クロークのご利用は当面の間、中止させていただきます。

U-25チケットについて(枚数限定)

◎25歳以下の方が対象のお得なチケットです(未就学児不可)。
◎ご購入いただきましたご本人様のみご利用可能です。
◎ご入場の際には、年齢を証明するものが必要となります。
◎取り扱いは水戸芸術館のみとなります。

チケット情報

料金

【全席指定】一般:6,000円/U-25(25歳以下)2,000円 ※未就学児入場不可
※前売り券は販売を終了いたしました。キャンセル券が生じた場合、その都度 WEB・電話・窓口にて販売いたします。

チケット発売日

一般発売

2021年2月27日 9:30〜
※会員先行予約がありますので、一般発売日の2月27日の時点で、水戸芸術館取り扱い分が終了している場合があります。

先行予約 運営維持会員

2021年2月23日 9:30〜
※電話・WEB予約のみ

先行予約 水戸芸術館メンバーズ

2021年2月24日 9:30〜
※電話・WEB予約のみ

チケットの取扱い

窓口
エントランスホール内チケットカウンター(営業時間 9:30〜18:00/月曜休館)
お電話
チケット予約センター TEL: 029-231-8000 (営業時間 9:30〜18:00/月曜休館)
窓口
ヤマハミュージックリテイリング水戸店 TEL: 029-244-6661(店頭販売のみ)
お電話
かわまた楽器店 029-226-0351 
WEB
e+(イープラス) http://eplus.jp(PC・携帯)

※当館では新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を行っており、通常より間隔を空けて配席する予定です。
*未就学児はご入場いただけません。
*車椅子のお客様、盲導犬、介助犬同伴のお客様は、お座席へのスムーズなご案内のため、予約時にお知らせください。
*公演の内容、曲目等は、変更になる場合があります。
*公演中止の場合を除き、一度購入されたチケットの払い戻し、交換等はお受けできません。

お問合せ

水戸芸術館(代表) TEL:029-227-8111