チケット

【重要なお知らせ】

コンサートホール ATMCONCERT HALL ATM

  • コンサートホールATM
  • 発売中
  • 音楽
  • 公演

カルテット・プレミアム・シリーズディオティマ弦楽四重奏団

2023年1月15日(日) 15:00開演

ディオティマ弦楽四重奏団が切り拓く、カルテットの新しい地平

芸術の核心には、いかに新しい世界を提示するかという革新性が宿っています。古典派以降、室内楽の最重要ジャンルの一つとされてきた弦楽四重奏曲においても、新しい一歩を踏み出そうとする努力が、脈々と続けられてきました。そして、今日、この弦楽四重奏の伝統を前に、新しい地平を切り拓こうという気概に溢れた弦楽四重奏団が、世界を席巻しています。それが、ディオティマ弦楽四重奏団です。まず、彼らの名を世に知らしめたのは、現代作品の演奏によってでした。今日最も重要な作曲家の一人であるピエール・ブーレーズが最後に共同作業を行った音楽家が、ディオティマ弦楽四重奏団でした。そして、ディオティマ弦楽四重奏団は、同時代作品にとどまらず、ベートーヴェン以降の近現代作品をレパートリーとして、国際的な地位を確立しています。

今回の水戸公演のプログラムは、そんなディオティマ弦楽四重奏団の気概を体現する、革新性をもつ作曲家達の傑作が並べられています。ブラームスが、弦楽四重奏曲の金字塔であるベートーヴェン作品を超えようと、43歳にしてようやく世に出した2つの弦楽四重奏曲のうちの1つである〈弦楽四重奏曲 第2番〉。そのブラームスが名誉会長を務めた「ウィーン音楽家協会」の演奏会で初演されたツェムリンスキーの〈弦楽四重奏曲 第2番〉。25歳のツェムリンスキーが、ベートーヴェンからブラームスに連なる古典的な伝統を受け継ぎつつも、それを超えようと試みたみずみずしい作品です。そして、ハンガリー出身の作曲家リゲティの〈弦楽四重奏曲 第2番〉。20世紀の弦楽四重奏曲の総括のごとく、バルトーク、ウェーベルン、ベルク、ストラヴィンスキー、マーラーといった作曲家の響きが密やかに編み込まれている一方で、リゲティ独自の語法が確立されている、20世紀後半の弦楽四重奏曲を代表する作品です。

【曲目】
ツェムリンスキー:弦楽四重奏曲 第1番 作品4
リゲティ:弦楽四重奏曲 第2番
ブラームス:弦楽四重奏曲 第2番 作品51の2

〈メンバー〉
ユン=ペン・ヂャオ(ヴァイオリン)
レオ・マリリエ(ヴァイオリン)
フランク・シュヴァリエ(ヴィオラ)
ピエール・モルレ(チェロ)

© lyodoh kaneko

ディオティマ弦楽四重奏団

Quatuor Diotima

プロフィール

1996年にパリ国立高等音楽院の卒業生たちが結成。現在世界で最も重要なアンサンブルの一つとして活躍を続けている。 
カルテットの名称はヘルダーリンの小説『ヒュペーリオン』の中で主人公が熱烈に愛した女性の名前から、そしてノーノの弦楽四重奏曲〈断章、静寂、ディオティマへ〉からとられており、二重の音楽的意味が込められている。
ピエール・ブーレーズ、ヘルムート・ラッヘンマンなど20世紀後半の偉大な作曲家たちと密接な関わりを持ってきた。また細川俊夫、ミロスラフ・スルンカ、アルベルト・ポサダス、マウロ・ランツァ、ジェラール・ペソン、レベッカ・サンダース、トリスタン・ミュライユなど現代の重要な作曲家たちに作品を委嘱してきた。
また19世紀と20世紀の傑作、とりわけベートーヴェン、シューベルト、新ウィーン楽派、ヤナーチェク、ドビュッシー、ラヴェル、バルトークなどに新しい光を投じている。
これまでにバルトークの弦楽四重奏曲全6曲(Naïve)、新ウィーン楽派作品集(Naïve)、ピエール・ブーレーズ〈弦楽四重奏のための書〉最終稿(Megadisc)など多数のCDをリリース。各国の批評家たちから賞賛され、フランスのディアパソン・ドールなど数々の賞を受賞。また、ナイーブ・レーベルと専属契約を結び、16年から現代の主要な作曲家の作品を集めた「ディオティマ・コレクション」の発売を開始している。
21-22シーズンは100周年を迎えるドナウエッシンゲン音楽祭、アムステルダムのムジークヘボウ、ストックホルム・コンサートホール、ブリュッセルのパレ・デ・ボザール、ハンブルクのエルプフィル、リンツのブルックナー音楽祭、シュトゥットガルトのリーダーハレなどに出演。またシカゴ大学の名誉あるアーティスト・イン・レジデンスとしても活動を開始。2018年にはフランス文科省よりヨーロッパ文化遺産賞を授与されている。

閉じる

公演概要

会場

コンサートホールATM

開催日

2023年1月15日(日) 15:00開演

【新型コロナウイルス感染症拡大防止に関するお客様へのお願い】

・新型コロナウイルス感染症の再拡大など、状況の悪化により内容の変更や公演の中止または延期を余儀なくされる場合もございますので、最新情報は当館ウェブサイトやSNSにてご確認ください。
・入館時の検温にご協力お願いいたします。37.5度以上の熱があった場合はご入場をお控え願います。
・館内ではマスクの着用をお願いいたします。
・まわりの方とは距離をおとりください。
・体調がすぐれないお客様はご来場をお控えください。
・手洗いと手指の消毒にご協力ください。
・出演者とのご面会はご遠慮いただきます。また、出演者への花束やプレゼントはスタッフがお預かりいたします。

チケット情報

料金

【全席指定】一般4,500円、U-25(25歳以下)1,500円

ベルチャ弦楽四重奏団とのお得なチケット】
・セット券(ベルチャ1枚+ディオティマ1枚)9,000円
・カルテット券(ベルチャ2枚+ディオティマ2枚)17,000円

※U-25チケット、セット券、カルテット券の取り扱いは水戸芸術館のみ
※未就学児入場不可 

チケット発売日

一般発売

2022年6月25日 9:30〜
会員先行予約がありますので、一般発売日の時点で当館取り扱い分が終了している場合があります。

先行予約 財団運営維持会員

2022年6月21日 9:30〜
※電話・Web予約のみ

先行予約 水戸芸術館メンバーズ

2022年6月22日 9:30〜
※電話・Web予約のみ

チケットの取扱い

窓口
水戸芸術館 エントランスホール内チケットカウンター(営業時間 9:30〜18:00/月曜休館)
お電話
水戸芸術館 チケット予約センター TEL: 029-231-8000 (営業時間 9:30〜18:00/月曜休館)
窓口
ヤマハミュージックリテイリング水戸店 TEL: 029-244-6661(店頭販売のみ)
お電話
かわまた楽器店 TEL: 029-226-0351
WEB
e+(イープラス) http://eplus.jp (PC・携帯) 

*未就学児はご入場いただけません。
*車椅子のお客様、盲導犬、介助犬同伴のお客様は、お座席へのスムーズなご案内のため、予約時にお知らせください。
*公演中止の場合を除き、一度購入されたチケットの払い戻し、交換等はお受けできません。

お問合せ

水戸芸術館(代表) TEL:029-227-8111

♪カルテット・プレミアム・シリーズ

 “弦楽四重奏はクラシック音楽の基本である”との小澤征爾・水戸芸術館館長の信念にもとづき、2019年より開始したシリーズ。室内楽に最適な空間と音響をそなえた水戸芸術館コンサートホールATMで、世界第一級の弦楽四重奏団による演奏を心ゆくまでお愉しみください。

♪お得なチケットのご案内

ベルチャ弦楽四重奏団(2022.10/9)とのお得な割引チケットを販売いたします。枚数限定につき、お早めにお求めください。
   【ベルチャ弦楽四重奏団とのお得なチケット】
    ・セット券(ベルチャ1枚+ディオティマ1枚)9,000円
    ・カルテット券(ベルチャ2枚+ディオティマ2枚)17,000円