【重要】2020年6月2日(火)より、施設の一部を開館します
【重要なお知らせ】5月31日(日)まで臨時休館延長のお知らせ
【中止公演のチケット払い戻しのお手続きについて】
 年間スケジュール【PDF】4月1日現在版

  • 音楽

2020-05-22 更新

水戸芸術館サウンド・ライブラリー


新型コロナウイルス感染症拡大のために、多くの方々が、不安な思いとともに日々をお過ごしのことと思います。皆様に少しでも、音楽で素敵な時間をお贈りできればと願い、専属楽団「水戸室内管弦楽団」や「新ダヴィッド同盟」などのこれまでの名演をお届けいたします。コンサートホールATMでの感動を、ご自宅でもぜひお楽しみください。

●現在配信中の映像
「水戸室内管弦楽団 第100回定期演奏会」ベートーヴェン:交響曲 第9番 二短調 作品125(指揮:ラデク・バボラーク、小澤征爾) 
    


「水戸室内管弦楽団 第100回定期演奏会」ベートーヴェン:交響曲 第9番 二短調 作品125(指揮:ラデク・バボラーク、小澤征爾)

水戸室内管弦楽団(MCO)が誇るソリスト特集 Part I

「新ダヴィッド同盟 第2回演奏会」より(抜粋)




今後の配信予定はこちら
 

 



 

■水戸室内管弦楽団(MCO)が誇るソリスト特集 Part I
*配信期間:5月22日(金)15:00~6月5日(金)15:00

水戸室内管弦楽団(MCO) 公式ウェブサイト

MCOは、ソリスト、オーケストラの首席奏者、室内楽奏者として国際的に活躍する演奏家たちが、楽団員として名を連ねています。今回の配信では、そんなMCOが誇る名手たちがソリストを務めた近年の演奏をお贈りします。第一弾は管楽器のメンバーたち。フィリップ・トーンドゥル(オーボエ)、ラデク・バボラーク(ホルン)、リカルド・モラレス(クラリネット)による演奏をお楽しみください。
 
フィリップ・トーンドゥル(オーボエ)
モーツァルト:オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314

アンコール 
マルチェッロ:オーボエ協奏曲 ニ短調 より 第2楽章
2014年5月23日 水戸室内管弦楽団 第90回定期演奏会より

 

リカルド・モラレス(クラリネット)
モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
2016年3月27日 水戸室内管弦楽団 第95回定期演奏会より

 

ラデク・バボラーク(ホルン)
ロゼッティ:ホルン協奏曲 ニ短調 Murray C38

アンコール 
ケクラン:クラリネット吹きの打ち明け話 作品141 より 第10番 親しげなマーチ(クラリネット:リカルド・モラレス)
2019年10月25日 水戸室内管弦楽団 第104回定期演奏会より

 



 

■「新ダヴィッド同盟 第2回演奏会」より(抜粋)
*配信期間:5月15日(金)15:00~5月29日(金)15:00

[2011年12月17日(土)公演] 公演情報はこちら
新ダヴィッド同盟 ウェブサイト

2010年に吉田秀和初代館長によって命名され誕生した専属楽団「新ダヴィッド同盟」。旧約聖書のダヴィデ(ダヴィッド)にちなみ、俗物に対抗し、新しい音楽の理想を打ち立てようとしたロマン派の作曲家シューマンの「ダヴィッド同盟」の精神を受け継いでいます。今回の配信は2011年、東日本大震災があった年の12月に行われた第2回演奏会から。いかなる困難にあっても芸術の灯は消してはならないと力強く宣言するかのような、創造性と気概にみちた演奏が繰り広げられています。
 


モーツァルト: ピアノ四重奏曲 第2番 変ホ長調 K.493
ヴァイオリン:佐藤俊介 ヴィオラ:赤坂智子(ゲスト) チェロ:石坂団十郎 ピアノ:小菅優

シェーンベルク(ウェーベルン編曲):室内交響曲 作品9 [ピアノ五重奏版]
ヴァイオリン:庄司紗矢香、佐藤俊介 ヴィオラ:赤坂智子(ゲスト) チェロ:石坂団十郎 ピアノ:小菅優


 

 

■「水戸室内管弦楽団 第100回定期演奏会」
*配信期間:4月29日(火・祝)15:00~5月31日(日)15:00(ご好評につき期間延長)

[2017年10月13日(金)公演]  公演情報はこちら
水戸室内管弦楽団 公式ウェブサイト

新型コロナウイルス感染症のために国際社会は分断され、人と人との繋がりが、身体的な側面ばかりでなく、精神的にも奪われようとしているかのようです。こうした状況下であるからこそ、ベートーヴェンの〈第九〉の「人類の連帯」というメッセージが心に響きます。水戸室内管弦楽団の第100回定期演奏会という節目に行われた演奏の模様をお届けします。大人数のオーケストラと合唱というこれまでの演奏慣習に拠らず、46人のオーケストラ、32人の合唱団によって、室内楽的な繊細さを纏った新しい〈第九〉の演奏が実現されています。


指揮   ラデク・バボラーク(第1、2楽章)、小澤征爾(第3,4楽章)
ソリスト 三宅理恵(ソプラノ)、藤村実穂子(メゾ・ソプラノ)、福井敬(テノール)、マルクス・アイヒェ(バリトン)
合唱   東京オペラシンガーズ(合唱指揮:村上寿昭)
曲目   ベートーヴェン:交響曲 第9番 二短調 作品125

 

 

 


*今後の配信予定
5月29日(金)15:00~6月12日(金)15:00
MCOが奏でる20世紀の音楽特集

水戸室内管弦楽団(MCO) 公式ウェブサイト


MCOによる近年の演奏から、今回は20世紀前半の作品をまとめてお贈りします。まずは、ショスタコーヴィチの「弦楽四重奏曲 第1番」をルドルフ・バルシャイが編曲し、吉田秀和初代館長とMCOに献呈した〈アイネ・クライネ・シンフォニー〉。ストラヴィンスキーが18世紀イタリアの器楽曲に基づいて作曲したバレエ音楽による組曲〈プルチネッラ〉。そしてウェーベルンの純潔な表現美をもつ〈弦楽のための5つの楽章〉をどうぞ。


ショスタコーヴィチ(バルシャイ編曲):アイネ・クライネ・シンフォニー ハ長調 作品49a
~吉田秀和氏と水戸室内管弦楽団に捧ぐ~
(原曲:弦楽四重奏曲 第1番 ハ長調 作品49)
2020年2月2日 水戸室内管弦楽団 第105回定期演奏会(楽団創立30周年記念コンサート)より

ストラヴィンスキー:組曲《プルチネッラ》
2018年10月21日 水戸室内管弦楽団 第102回定期演奏会より

ウェーベルン:弦楽のための5つの楽章 作品5
2019年5月28日 水戸室内管弦楽団 第103回定期演奏会より


※追加配信については随時更新いたします。